【旅】一日10組限定!幻の料亭『紫』@上海万博・日本産業館

Pocket

どうも、YUMIOです。

2泊3日の上海旅行から戻ってきました。

今回の旅の目的はここ!

▲上海万博会場内の日本産業館の中にある・・・

▲幻の料亭と呼ばれた【紫~MURASAKI~】であります!

この料亭【紫】は、

キッコーマンが出店している高級懐石料理店で、

昼5組・夜5組の一日10組限定となっているため

予約困難な”幻の料亭”と呼ばれている。

“幻”と呼ばれる理由は他にもあって、

京都の菊乃井、たん熊北店、魚三楼の

3つの名料亭のコラボによる

芸術的な料理の数々が一度に愉しめるってことで

中国の富裕層にめっちゃウケているという。

実際に、各料亭から板さんが派遣され

1~2カ月交代で腕をふるっているそうな。

日本で頂いたら、7万円は下らないと言われるこのコース、

お値段は3000元。日本円にして・・・

一食4万円也!

“あ~あ、もったいないなぁ”と思いつつも

偶然予約がとれちゃったもんだから

行ってみましたの。

 

▲すべて畳の個室。

我々が通されたのは掘りごたつの部屋だったけど、

他にテーブル席もあるみたい。

鳩山サンや渡辺謙さんもお越しになったそうでございます。

 

▲食前酒は『キッコーマンの梅酒』。

『紫』の文字が入った手ぬぐいとお箸はプレゼントされます。

※お箸は兵左衛門の【萬】の字入り漆塗り!

では、4万円のお料理を

写真でお愉しみくださいまし。

 

▲先付は松茸とお茄子の煮こごり、八寸は珍味がズラリ。

 

▲向付は、極上刺身の盛り合わせ。

大トロは山盛りワサビを包んでいただきましたっ!美味♪

 

▲蓋物はフカヒレとスッポンのスープ。

これは美肌に効きまっせ~♪♪

 

▲焼物と酢肴。焼物は極上フィレ肉に

キッコーマンのしょうゆもろみで味付け。

 

▲強肴と御飯。

(実はこの時点で満腹になり料理の説明は忘却の彼方・・・)

 

▲こちらは水物。食後の口直しにはおうすともなかが。

食べきれんがや~っ!!

というのが正直な感想。

スタッフの方にうかがったところ、男性客からもそういう声が多く、

これでも当初のボリュームよりかなり控えめにしたんだとか。

もったいなかったなぁ。

4万円のうち、たぶん1万5000円分ぐらいしか

食べきれんかった気がする・・・

しかし、お料理の美味しさは

確かに素晴らしい!

食材も、一部中国産の良質野菜を使っているものの、

その他は当日わざわざ日本から取り寄せて

調理しているとのことだった。

▲おうすを飲み干すと、【萬】の文字が!

キッコーマンさん、スゴイPRですな♪

▲玄関にて記念撮影※右は母・ふのりです。

中国人スタッフの皆さんも、

ちゃんと着物を上手に着こなしてとっても感じが良かった!

なによりこの半年間、慣れない状況で

見事運営をしてきたスタッフの皆さんに脱帽ですわ。

上海万博閉幕まであと3週間ちょっと。

会場へ出かける予定のある方は、

試しに予約の電話をかけてみてはいかがでしょか。

日本語で対応してもらえます。

 料亭 紫

上海世博会D区 日本産業館内 正門前

電話/+86-21-6281-0276(日本からかける場合)

営業時間/11:30~14:00 17:30~21:00

料金/3000元コースのみ※飲み物代別

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください