【コラム】無題。

Pocket

どうも、YUMIOです。

 

ずっとテレビにくぎ付けになっていて

寝不足という方も多いのでは?

 

「これは本当に日本の光景なのか・・・」

 

幸いにも大きな被害が出なかったこのエリアに居ると、

映画のシーンを見ているような

非現実的な感覚に陥っていたんだけど、

 

つい一昨日歩いていた横浜駅前の路面が

無惨にも陥没している映像を見て

ようやく、現実に起ったことなんだと

じわじわと怖さがわいてきた感じだ。

 

========================

 

昨日のあの時刻、

ワタクシは愛車を住宅街の路肩に停めて

取材時間調整の待機をしていた。

 

突然、ゆらゆらとめまいのような感覚がして

それがあまりにも長くつづくので

「あれ?強風を受けて車があおられてるのかな?」

なんて、思わず窓を開けてみたのだが、

強い風が吹いている様子はない。

 

そのまま取材へ出かけ、

小一時間してから愛車へ戻りラジオをつけると、

東北地方一帯で大きな地震が起こったことを知った。

 

これは余談なのだが、

慌ててうちの事務所へ戻ったら、

棚から物が落ちたりはしていなかったものの、

壁面の収納扉が全開になっていた。

 

改めて、自分の居場所のウィークポイントを認識した次第だ。

 

========================

 

自分や、自分の家族や、スタッフのみんなが、

昨日の同じ時刻に被災をしていたとしたら・・・

帰宅困難者になっていたとしたら・・・

 

自分はどうやって皆を守ったり

助け出すことができたんだろう。

 

被災地から約700キロも離れたここ名古屋で

そんな『もしも・・・』のことを考えているのは

あまりに後ろめたい気はするのだが、

改めて、自分や周囲の『危機管理』について考えさせられる。

 

ちなみに、某知人が勤務する東京の某制作会社では、

地震が起った直後に

チームのトップが、

「今夜は絶対に帰宅困難になるから、

もう仕事は辞めて家に帰るぞ!

いまからみんなを車で送る!」

と、スタッフ全員をロケバスに乗せて

各自の家まで無事送り届けたという。

 

このトップの英断には

見習うべきものがあると思った。

 

========================

 

こうしている今も、

東北地方の被害状況はますます悪化している。

 

被災地域の皆様へ

心からお見舞いを申し上げるとともに、

多発地震の沈静化を祈るばかりであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください