【グルメ】浅草おでん大多福(おたふく)|大正四年創業の老舗おでん屋さん!

Pocket

どうも、YUMIO@名古屋です。

先日のラベリアンin東京の帰り道、

清水絵津子姐さん&藤田倫子姐さんと

素敵なおでん屋さんへお邪魔した。

 

▲西浅草三丁目の交差点そば。言問通り沿いにある

【大多福】の外観。※絵津子さん撮影!

お店の前に立っただけでものすごい”老舗オーラ”を感じる!

もともとは浪速千日前でお店を構えていたそうだけど、

大正四年にここ浅草(千束)へ移転。

“浅草で一番古いおでん屋さん”として親しまれているお店。

▲こちらは閉店後のカウンター席。

お店はL字型になっていて、この奥にお座敷席がある。

いつも混雑しているので予約はマスト!

ただし、酉の市とか羽子板市とか、

浅草で大きな催事があるときは予約は受け付けないそう。

▲我々は奥のお座敷席へ。接待風のビジネスマンから

デート風のカップルまでお客さんの世代もさまざま!

 

▲この『おたふくマーク』は意匠登録されてるんだって。

▲おでんのコース(3500円)をオーダーすると、

自動的にこの四角いお鍋が運ばれてきます!

どんなタネが入ってるかはお箸でつついてみてのお楽しみ。

 

▲名古屋人にはあまり馴染みのないちくわぶもドーンと!

おでん以外にも焼き鳥やご飯ものなど

いろんなメニューがあるので”居酒屋感覚”でも利用できそう!

おでんの味にはその土地柄が表れるものでして。

いかにも下町・浅草らしい

“ハッキリ辛口”な味付けでめっちゃワタクシ好み!

残ったおでんは、タッパーに入れて

持ち帰ることができるんだけど(容器有料)、

持ち帰って、翌朝食べたおでんも

これまたさらに味が染みて美味しかった!!

すっかりハマってしまったので、

こんどの酉の市(三の酉)のときに

また行ってみようと思ってます。

  浅草おでん大多福(おたふく)

東京都台東区千束1-6-2

電話/03-3871-2521

営業時間/17:00~23:00(日曜日は16:00~22:00)

※10月~3月は日曜祝日のランチタイムも営業。

※3月~9月の日曜日は17:00~営業。

blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください