【グルメ】泉岳寺門前紋屋|暖炉の燃える和モダン空間で富山の海の幸を堪能!~東京都港区高輪エリア~

Pocket

どうも、YUMIO@東京です。

先週末のこと、

ずっと”一度行きたいなぁ”と思っていた

ご近所和食処にやっとお邪魔する機会があった。

▲場所は赤穂浪士でおなじみの【泉岳寺】門前。

 

▲しんと静まり返った高輪の住宅街にてんてんと灯篭が。

ここが【泉岳寺門前・紋屋】の入口。

 

▲もともとは泉岳寺を訪れる外国人のための迎賓館だった場所。

赤々と燃える暖炉のスペースにはテーブル席が数席。

その奥には厨房を見渡すカウンター席、

さらに奥には接待にも使える個室のお座敷席がある。

大きなガラス窓の向こう側には日本庭園・・・

昼間訪れても気持ちよさそうだな。

▲【紋屋】は、府中に本店があり

“富山の海の幸”を提供してくれるお店。

コースにはフグやクエもあったんだけど、

今回は幻の高級魚とされる『のどぐろ』コース。

※本来の名称はアカムツ。

口の奥がまっ黒なので『のどぐろ』と称される。

▲今回は畳表が張られたカウンター席で。

まずは先付の飯蛸の旨煮と蕗の青煮。

 

▲その後、椀物、おつくり、煮物、酢の物(写真撮り忘れ)と続いて

主役の『のどぐろ』が焼きと煮物で登場!

ホロホロっと身がほぐれるのでとっても食べやすくて美味♪

ワタクシ個人的には”焼き”のほうが好きかも~。

 

▲富山の食のお供は富山のお酒『立山』で。

〆はあさりご飯の土鍋焚き。めっちゃ美味~。

▲デザートはりんごの霙寄せに、

サービスでつけていただいたストロベリーアイス♪

けっこう品数があったにもかかわらず、

あっさりして美味しかったのでペロッと完食!

 

この年齢になると、

フレンチやイタリアンのコースは食べきれないけど、

日本料理ならちゃんと美味しくいただけて

次の日、胃ももたれない(笑)

 

オトナにぴったりな”門前の隠れ家”であります。

こんどは昼の会席に出かけてみよっと。

 

 泉岳寺門前 紋屋

東京都港区高輪2-11-6

電話/03-5477-1333

営業時間/11:50~14:00 17:30~22:30

(土日祝日は11:30~14:30 17:00~22:00)

※昼席は毎週月曜日定休。夜は不定休。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください