【イベント】アートオブブルガリ|あのBVLGARIのブラックタイパーティへ!

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

実は、今月に入ってからずっとソワソワしてた。
なぜかと言うと・・・


▲あの『BVLGARI』からパーティの招待状が届いたから!
主催は光文社の『STORY』。
現在、東京国立博物館で開催中の
『アートオブブルガリ~130年にわたるイタリアの美の秘宝~』
の会場を、貸切で内覧できるというステキなパーティです。

招待状に記載されていたドレスコートは
なんと『ブラックタイ』。

ワタクシの人生のなかで、
これまで体験したパーティというと、
せいぜいドレスコード『カクテル』まで。

『ブラックタイ』の場合の女性の装いは、
つま先・かかとが隠れるロングドレスで
ノースリーブ+大振りなアクセサリーが基本だけど、
自分のワードローブの中には、
披露宴用のくるぶし丈のロングドレスしかなかったので
この際”オトナのたしなみ”として
イブニングドレスをオーダーをすることにしたのであります。

 
▲オーダーから3週間、届いたのがこのドレス。
ブルガリのジュエリーは持ってないので、
新作『セルペンティ』のバッグを合わせることに。
なんだか非日常的で、シンデレラ気分だわ~(笑)

しかしね。
当日は雨オンナに相応しく、
せっかくの晴れ姿を濡らすどしゃ降り。

ただでさえ、床まで届くロングドレスの裾を
たくし上げて歩かなくちゃいけないというのに、
10センチのピンヒールを履いて、傘まで差したら、
どうやって歩けばいいの~っ!

・・・てなワケで、
『エレガントに振舞う!』なんて高いレベルではなく、
『とにかくコケない!』という低い目標を掲げ、
パーティ会場へとタクシーで向かったのであります。

 
▲うっとりするほど美しい
『BVLGARI』の世界が表現されている
『東京国立博物館』の表慶館。
この表慶館は、もともと皇太子時代の大正天皇の
ご成婚を記念して明治42年に開館した美術館で、
重要文化財にも指定されている建物。
ブルガリをはじめとする高級ブランドの
パンフレット撮影にもよく使われるんだって。
当日は『女性12名限定』のパーティだったため、
残念ながらエスコート役の紳士は不在・・・

 
▲ウェルカムシャンパンをいただいたあと、
ブルガリ130年の誕生からの歴史と
美しい名作を振り返る『アートオブブルガリ』を鑑賞。
ブルガリのPR担当の方から
展示内容について解説を受けるという
なんとも贅沢な鑑賞時間を過ごすことに・・・
展示されているジュエリーたちは
すべて”美術館クラス”の芸術作品ばかりで、
もはや値段はつけられないそう。


▲こちらは、いま市場に出たなら天文学的数字になるという、
会場内で一番ゴージャスな『セブンワンダーズ』ネックレス。
コロンビア産の7つの大粒エメラルドのカラーが
完璧に一致していて、カット、透明度もパーフェクト!
「エメラルドのネックレスで、
これ以上の作品は今後作れない」と言われている逸品。

 
▲日本やアジアをモチーフにした1970年代の作品も。


▲見どころのひとつは、
「彼女が知っているイタリア語はブルガリだけ」
と言わしめた、世界屈指のブルガリコレクター、
エリザベス・テイラーコレクションを集めた部屋。
映画『クレオパトラ』で着用した衣装や
リズが愛したブルガリのジュエリーがズラリと展示されてます。


▲リズコレクションの中でも
特にリズのお気に入りだったというネックレスと
トレンブランブローチ(揺れる細工が施されたブローチ)。
大粒のエメラルドのペンダントトップは
もともとブローチだったものをネックレスにしたそう。


▲プロジェクションマッピングが施された会場内で、
今回ご一緒したRikakoさんと記念撮影!・・・が!
ありゃ、逆光で真っ黒や~~~ん(笑)

 
▲『STORY』為田編集長とモデルのイナトモさん。
トップスタイリストの川田亜貴子さんも登場!
イナトモさん、顔小っさ~~い!かわいいなぁ。

 
▲後半は、『ブルガリ銀座タワー』の
プライベートルームへ移動してシャンパンパーティ。
お料理は『イル・リストランテ』のイタリアンでした。


▲こうして、約5時間のブラックタイパーティは終了!
『アートオブブルガリ』の豪華パンフレットと
ブルガリのチョコレートをいただいて銀座で解散しました。

ちなみに、
帰り際、Rikakoさんと
「ラーメン食べたいね」
「うん、でもこの格好じゃ食べに行けないね」
と言いながら、帰路についたあたり・・・

あっという間に”シンデレラの魔法”は解けたのであります。

 アートオブブルガリ
開催期間/2015年9月8日~11月29日
会場/東京国立博物館(上野)
開館時間/9:30~17:00 ※詳しくはHPにて確認を。
入場料/一般1400円

================================================
このパーティの模様は『STORY』webでも公開中です!
================================================

 
http://storyweb.jp/articles/-/1765?page=3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください