【コラム】永六輔さん、永(なが)のお別れ会へ・・・

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

昨日、青山葬儀所で営まれた
永六輔さん『永(なが)のお別れ会』へ参列してきました。


▲7月7日に83歳でお亡くなりになった永さん。
20年前、TBSラジオの954キャスタードライバー時代に
永さんの番組の中で『乙女探検隊』のコーナーを担当。
初鳴き(→デビューのこと)のとき、
「今日が初レポートの福岡さんは、
名古屋のつボイノリオのところから来た子です。
つボイが手下を送り込んできやがったな(笑)」
と、仲良しのつボイさんの名前を出して
いつもの高笑いで紹介してくださったこと、
いまだに忘れられないなぁ。。。


▲台風10号の直撃が心配されたのに、
葬儀中は雨がピタっと止んで”永さんパワー”を実感!
しかし、青山葬儀所を訪れたのは今回初めてだったけど、
館内に報道控え室があったり
記者会見スペースがあったりと
“有名人葬儀対応”に設計されているんだなぁ・・・と感心。
黒柳徹子さん、久米宏さんをはじめ
多くの芸能人の方が参列されてました。


▲20代、50代、70代の写真が並んだ祭壇。
みなさんカメラを構えていたので
“え?祭壇を撮っても大丈夫なの???”と思ったら、
スタッフの方も”どうぞ、どうぞ!”という感じだったので、
ワタクシも記念に撮影させていただきました。

「悲しい会ではなく、楽しい会にしたい」
とのことで、会の発起人代表である
黒柳徹子さんの弔辞が最高に面白かった!!!!!

持ち時間5分のところ
15分ぐらいお話を続け、もはや”徹子の部屋”状態。

会場が爆笑に包まれる和やかなお別れ会でした。

 
▲「記帳の代わりに、
天国の永さんへハガキを出してください」とのことで、
ポストが設置されていたのもステキな演出。
番組でも、リスナーからのハガキでのおたよりを
何より大切にしていた永さん・・・
ワタクシもハガキに感謝の言葉をしたためて投函!


▲会葬御礼にいただいたのは、
永さんが生前愛用していたという藍木綿のタペストリー。
『生きているということは、誰かに借りをつくること
生きてゆくということは、その借りを返してゆくこと』
という永さんの自筆の詩が染められてました。
・・・・・・・・・じんわり胸に刻まれますな。

しかし、今回参列して痛感したのは
“亡くなったときにこそ、
これまでどれだけの人たちと
どんなお付き合いをしてきたか?”
がわかるんだな、ということ。

もちろん、永さんのような偉大な方と
自分を比較するのはあまりにも僭越ではあるけど、
旅立ちのとき、こんな風に家族や大勢の仲間たちに
楽しく見送られるような人生を送りたいなぁ・・・と
しみじみ思った『永のお別れ会』でありました。

永さんのご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください