【グルメ】朱華園(しゅうかえん)|尾道ラーメン発祥の地は行列覚悟で!~広島県尾道市~

Pocket

どうも、Yumio@名古屋です。

今週はひとつ出張予定が延期になり、
久々にずっと名古屋で過ごしております。

新幹線とか、飛行機とか、
高速移動ってやっぱりじわじわと疲労が溜まるし、
常に時間に追われてる感じがして
気持ちもギスギスしてくるのよね。

こうして穏やかに過ごせる一週間って良いなぁと思いつつ、
でも根が『ドMワーカー』なので、
時間に追われる生活をしてないと
急に不安になったりして・・・(笑)

と、そんな中で、
ここからは、高速移動ばかりしていた
先月の広島出張のときの振り返りであります。


▲この日、予定よりも取材が早く終わったので、
飛行機チェックインまでの残る2時間半を使って
ふらりと1人で立ち寄ったのが『尾道』!
初めて訪れたけど、キレイな街だなぁ~。
しかも、観光客の数がスゴイ!


▲『尾道』でいま一番ホットなスポット『ONOMICHI U2』。
海辺の海運倉庫街をお洒落に改装し、
自転車でも泊まれる”サイクリスト専用ホテル”が登場!
ここを起点にしまなみ海道サイクリングに出かけられるんだって。
そのコンセプトがカッコ良すぎるわ。

 
▲なんだろ~ね?この”街全体が絵になる感”は。
日向ぼっこ中の猫ちゃんですらキマってる(笑)
どこの風景を切り取っても、なんだかキュンとくる・・・
『尾道』って、ほんと不思議な街だ。


▲キュンキュンしながら訪れたのがこちら。
尾道の中心街に位置する『尾道本通商店街』。

この商店街一帯は尾道の代表的な観光地になっていて、
いろんな尾道グルメが集結してるんだけど、
ワタクシが目指したのは・・・


▲尾道ラーメン発祥の地、『朱華園(しゅうかえん)』。
長い行列は覚悟の上で訪れたものの、
祝日だったのでこの日はなんと40分待ち!!!


▲尾道ラーメンは、ここ『朱華園』の創業者が
最初に作ったと言われているそうで、
魚介が効いた醤油スープと平打ち麺が特徴の
本当に素朴な”元祖・中華そば”。
入口でオーダーをしてから着席するのでありますが、
某グルメサイトで「ワンタンを中華そばに入れて食べると美味い」
と書いてあったので、それを信じて
『中華そば』と『ワンタン』の両方をオーダーすることに。

そしたら・・・

 
▲ぎゃっ!ラーメン丼がどーんとふたつ!
(左:中華そば、右:ワンタン)
これじゃただの『大食いおばさん』じゃん(笑)

内心”ひとりでこの量は無理、無理・・・”と、
2つの丼を眺めた時点でギブアップしてたんだけど、
一口スープを飲んでみたら、
これがめ~っちゃくちゃ美味い!

そして、ワンタンを食べてみたら、
これまた皮トロトロ&具ジューシーで、
感動的に美味い!

結局「美味い、美味い」が止まらず・・・

 
▲こんだけ1人で全部平らげました。
『中華そば&ワンタン』の組み合わせサイコー!
あえて言うなら、餃子はナシでも良かったかも(笑)

こうして、大食いおばさんは大満足で『尾道』を後にし、
広島空港へと向かったのであります。

めでたし、めでたし。

いや~、しかし、
海の幸も、山の幸も、酒も、ラーメンも、
とにかく何でも美味しい『広島』!

またすぐにでも行きたいなぁ。

関係各位、取材のご依頼、
いつでもお待ちしております(笑)

 朱華園(しゅうかえん)
住所/広島県尾道市十四日元町4-12
電話/0848-37-2077
営業時間/11:00~19:00(麺がなくなり次第終了)
定休日/木曜日と第三水曜日(祝日は営業)
※2017年12月時点の情報です。
※2020年休業。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください