【グルメ】つくも|山形ナンバーワンの人気店、行列必至の美味い天ぷらと蕎麦の店~山形市・蔵王~

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

9月に入りましたな~。
通常月初はホッと一息つける時期なのでありますが、
原稿の〆切りに追われて、書いても書いても
まったく仕事が片付かないっ!

ずっと書き続けてると、
つい無意識のうちに同じフレーズばかり使っちゃったりして、
あとで書き直しが発生することも多いので、
ここでいったん思考のリセットをかねて
先日の山形出張を思い出しながらブログエントリーします(笑)

============================================

実は山形というのは面積がめちゃめちゃ広大で、
愛知県の2倍、東京都の5倍ぐらいの広さがある。

先日の山形出張では、初日は日本海側の鶴岡に滞在したんだけど、
2日目は内陸側の山形市で取材があり、
何気にレンタカー移動の予測所要時間は2時間!

「途中で道に迷って現着が遅れたら大変!」と、
余裕を持って出発したら、
想定よりもかなり早めに山形市に到着したので、
『山形ナンバーワン』と評判の
蔵王にある蕎麦店を訪れることにしたのであります。


▲山形中心街から車で15分ほど。
一瞬「こんなところにお店があるのかな?」と不安になったほど
穏やかな住宅街の一角にあるお蕎麦屋さん。
もともとは蕎麦店だったけど、美味しい天ぷらが評判になり、
今では『行列必至の山形の天ぷら店』として
全国的にもお馴染みなんだって。

到着時刻は11:30。店の前に行列ができていなかったので、
「お、待たずに入れる!ラッキー」と思いながら入店したら、
すでにカウンターは満席状態。

「30分ほどお待ちいただきますが、
お時間は大丈夫ですか?」と女性スタッフの方に声をかけられた。

ええ。待ちますとも!待ちますとも!
この次はいつ来られるかわかんないもん(笑)
お店のメニューを見せていただきながら、
店内で30分過ごすことに・・・

どうやら一斉に天ぷらがスタートして、
みなさん一斉に食べ終わる感じなので、
タイミング次第でどうしても待ち時間はできちゃうみたいね。


▲こうしてようやく、カウンターに着席!
「いかにも職人さん!」という
オーラ全開の大将が渋くてステキです(笑)


▲もっとライトなコースもあったものの、
せっかくなのでオススメが全部入った
『スペシャルランチ』4450円をいただくことに。


▲レモン、ハーブ塩、カレー塩(!)を食材に合わせて。
そもそもの素材の良さももちろんあるんだろうけど、
たしかにウワサ通りの美味しさ!

 
▲生うにも美味しかったけど、
トリュフ塩でいただくオマール海老と、
〆の夏牡蠣の天ぷら、サイコーだった♪


▲ちなみに、個人的にはお蕎麦にも感動!
特に、シークァーサーをかけていただく
『紅花切りそば』は、これまで一度も経験したことの無い味で
天ぷらヌキで、これだけでもまた食べに行きたいぐらい。
(すだち蕎麦をもっともっとサッパリさせた感じ?)

 
▲蕎麦湯もトロトロ濃厚だったし、
手作りのデザートもとっても美味しかった!
いや~、束の間のランチタイムが幸せな時間になりました。


▲美味しい天ぷらと蕎麦を堪能した後は、
さ、お仕事、お仕事(笑)
山形市街へ戻り、しっかり取材活動を行ってきましたぜ~。

1泊2日の山形出張、食事も仕事も楽しかったなぁ。

日本国内にはまだまだ知らない街がいっぱい。
また次の取材へ向けて、出張調整進めます!

 つくも
住所/山形県山形市成沢西1-1-23
電話/023-688-5583
営業時間/11:30~15:00 17:30~20:30
定休日/水曜日
※2018年9月時点の情報です。

============================================

さてと、楽しい仕事のこと思い出してたら
ヤル気が戻ってきたワ(笑)

集中して原稿書くとするかね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください