【コラム】まさかの、脂漏性皮膚炎じゃなかった?!~顔の脂漏性皮膚炎その後②~

Pocket

どうも、Yumio@東京です。
なんだかこのところお肌の話ばっかですんません。

でも、顔に出る皮膚疾患って、
けっこうな死活問題なもので。。。

 

今回は“顔の脂漏性皮膚炎その後”の2回目続報です。

==============================

アトピーや脂漏性皮膚炎など、
完治が難しいとされる皮膚疾患と向き合うためには、
信頼できる皮膚科の先生との出会いが何より大切だ。

 

ワタクシも、夏に「脂漏性皮膚炎」と診断されて以来、
皮膚科ジプシー状態になり、
この2ヶ月で3つの皮膚科・2つの漢方薬局をまわったけど、
一時快方に向かいつつもまたぶり返し、そのたびに落ち込んだ。
(診療費も薬代もかなり使っちまったぜ・・・)

 

とりあえず、脱ステロイドを決めて以来、
強い薬には頼りたくなくて
漢方での体質改善を試みてきたんだけど、
「漢方は効果が出るまでに時間がかかります」
という薬剤師さんの言葉通り、残念ながら即効性はない。

 

でも、来週からいよいよ怒涛の年末進行がはじまるのに
この顔では仕事にも出られない!!!!!

 

結果、毎晩ネット検索し続けて
たどり着いたのが、都内某皮膚科。

 

実は今回、皮膚科ジプシーを体験して気づいたんだけど、
東京の皮膚科は、シミ取りとかビタミンC導入とか、
「美容施術を得意とする美容皮膚科」のほうが多くて、
昔ながらの「皮膚科」にはなかなか出会えない。

 

そんな中で“昔ながらの町のお医者さん”として
「皮膚疾患に向き合い、親身になってくれる」
とのクチコミが多かったので
そのクチコミを信じて先日そのクリニックを訪れたのだ。

==============================

ワタクシの顔をじ~っと見た先生の第一声は
脂漏性皮膚炎じゃないかもしれませんね」だった。

 

えええええええっ?
この一ヶ月、脂漏性皮膚炎対策をずっと続けてきたのに、
脂漏性皮膚炎じゃないってか?????

 

「通常の脂漏性皮膚炎は
皮脂の出やすい部分で炎症を起こすんですが、
あなたの場合は、皮脂が少ない目のまわりにも炎症が出ています。

おそらく、脂漏性皮膚炎をきっかけに
新しく使いはじめた化粧品等で
アレルギーを起こしてしまった可能性がありますが、
何か心当たりはありますか?」

 

えええええええっ?
いろんな敏感肌用化粧品を試しすぎて、
特定できませんっ(笑)!!!!!

 

「最初に脂漏性皮膚炎と診断されて、
ステロイド治療ですでに脂漏性皮膚炎は治っているのに
その後、化粧かぶれをおこしてアレルギーが継続する、
というのは実はよくあるケースなんです。

まずは、ここ最近新しく使いはじめた化粧品の使用を
すべてストップしてください」

 

な、なんと・・・
そうだったのか・・・

 

脂漏性皮膚炎対策に効くと思っていた
コラージュフルフルも、
「フルフルではなく普通の敏感肌用に変えてください」
とのことで、使用禁止を言い渡されてしまった。

 

あ~あ。「自己判断」って危険なのね。

 

「あなたの肌を見る限り、まだ今の段階では、
『脂漏性皮膚炎』とも『化粧品アレルギー』とも
判断できませんから“皮膚炎”としか診断できません。

でも、しばらくコレを使って様子を見て、
1週間経ったらまた皮膚の状態を診せてください」と先生。

 


▲といって処方されたのがこちら。
あれ?アトピー治療のド定番薬とも言える
『ヒルドイドローション』と『プロトピック』のコンビ。
「脂漏性皮膚炎には効果がない」と言われてる薬だけど
これで本当に効くのかな~?

 

半信半疑で試してみたところ・・・

 

 
▲どスッピンの大変お見苦しい写真ですんません。
(あまりに見苦しいので少し明るさ加工してます・笑)
1枚目が『ヒルドイド』+『プロトピック』を使う前。
毛穴が開き赤味があって、頬やおでこにブツブツが出てます。
(→これがめちゃめちゃ痒かったの!)
2枚目は『ヒルドイド』+『プロトピック』2日目。
あれ?たしかに毛穴の開きが小さくなって
ブツブツや赤味が引いてきたかも~?!

 

これまで、毎朝毎晩洗顔をするたびに、
皮膚に触るとザラっとした感じがあって、
そのたびに凹んでいたんだけど、
2日目から肌のザラザラ感が無くなったことを実感!
(ステロイドを使った後みたいな即効性だ)

 

ちなみに、先生によると
「プロトピックはステロイドのような
使用後のリバウンドはないので安心してください」とのこと。

 

よかった。。。
少しだけ突破口が見えてきたかも?!

 

また来週、診察してもらう予定なので、
「脂漏性皮膚炎か?アレルギーか?」
の先生の診断についてはまた後日報告いたします。

 

しかし、何より禁酒を続けるのがキツイ(笑)
早く治ってくれないかな~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください