【コラム】砂糖の摂りすぎがダメ?!~顔の脂漏性皮膚炎その後④~

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

さてさて、前回の受診から1か月が経ち、
またまた皮膚科に行って参りました!

2週間ぐらい前から、痒み止めの『ルパフィン』も不要になり、
肌はかなり落ち着いてきた感じだったんだけど・・・

 


▲あれ・・・また赤いボツボツが出てきた。
首回りも赤味が出ててかゆいよ~!!!!!

 

実は・・・先日の札幌出張のときに
プロトピックをホテルに忘れてきてしまって、
ここ2日間「薬を塗りたくても塗れない状態」が続いていたのだ。

 

ということで、先生に診てもらったところ、

「プロトピックを塗らないとこの症状が出るということは、
プロトピックがかなり効いてるってことですね。

中にはプロトピックが合わない人もいるのですが、
この状態なら効果が出ているということになるので、
このままプロトピックを続ければ大丈夫です」と先生。

 

・・・そっか。
一か月そこそこで簡単に完治するものじゃないんだな。

 

ちなみに先生によると、上の写真の赤丸のところは
単なるニキビではなく「脂漏性湿疹」とのこと。

シャンプーかぶれによる肌荒れが落ち着いて、
いよいよ本丸の『脂漏性皮膚炎』が顔を出してきたみたい。

 

「脂漏性皮膚炎の原因は特定しにくいんですが、
ストレス、睡眠不足、アルコールや
糖分の摂りすぎが原因と言われています。
ストレスはありますか?」

あります(即答)!

「ちゃんと睡眠時間とれてますか?」

4時間ぐらいです!

「それは少なすぎます。6時間は寝てください。
それと、甘いものは食べますか?」

食べます!

あ。
そうか。
ひょっとして原因はそこかも。

 

原稿の締め切りに追われるストレスなんて
この稼業をはじめて以来20年間ずっと続いているから、
今にはじまったことじゃない。
それと、もともとショートスリーパーなので
睡眠時間は少なくても元気に過ごせるタイプ。

 

しかし、脂漏性皮膚炎を発症したここ数か月で
いちばん大きく変わったのは
これまで苦手だったはずの「甘いもの」を
頻繁に食べるようになったこと。

原稿執筆中、急に糖分を欲するようになり、
チョコレートやらサブレやらの
甘いお菓子を事務所に常備するようになったのだ。

 

「白いお砂糖の摂りすぎが原因で
脂漏性皮膚炎が出る人もいますから、
あまり摂りすぎないよう気を付けてください」と先生。

はい!
気を付けます!
もう事務所のお菓子は買いません(笑)

 

今後も『ヒルドイド』と『プロトピック』で様子を見つつ、
あまり変化が感じられないようなら、
漢方薬の服用で体質改善を目指していこう、と
今後の方針などなどのアドバイスを受け診察は終了。

 

とりあえず、次回の受診は一か月後の年明け。
またその後の変化をレポートしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください