【美容】噂の『333入浴法』で楽々ダイエット!

Pocket

どうも、Yumio@名古屋です。

実はここ最近、久々に会う人から
「なんか痩せた?」と聞かれることが増えた。

たぶん、完全食の『Huel』を続けているので
無駄な間食を無くすことができて、
2キロ減量が安定したこともあると思うんだけど、もうひとつ。

今年に入ってからチャレンジしている
『333入浴法』の効果も表れているような気がする。

『333入浴法』というのは、
3年前ぐらい前に話題になった反復入浴法のこと。

①42度ぐらいの熱めのお湯に3分浸かる
②バスタブから出て体を冷ます
③42度ぐらいの熱めのお湯に3分浸かる
④バスタブから出て体を冷ます
⑤42度ぐらいの熱めのお湯に3分浸かる

この①~⑤を繰り返すと、なんと合計9分間の入浴だけで
30分のジョギングと同等のカロリーを消費できるという。

ちなみに、ワタクシの場合は、お風呂に入ったら
最初に髪とカラダを洗い、それから①の入浴をする。

このときの注意点は『肩までちゃんと浸かること』。
半身浴ではなく肩まで入ることで、
全身に水圧がかかりやすくなり、
この入浴法の効果が引き出されるのだそうな。

そして②では、バスタブの外に出て
歯を磨きながら体をクールダウンし、③の入浴へ。

③の入浴中は、お湯で柔らかくなった脂肪を
揉みだすようにして二の腕マッサージ。
この頃には、額から汗がドバっと噴き出すようになる。

④では、再びバスタブの外へ出て
フットケアをしたり、
排水溝や鏡の掃除を済ませたら、⑤の入浴へ。

⑤の入浴中は、二の腕同様
ふくらはぎやお腹まわりのマッサージをしていると
あっという間に3分が過ぎてしまう。

こうしてお風呂から出ると、
まるで温泉から上がった時のようなものすごい発汗で
しばらく経ってからじゃないとパジャマが着られないぐらい。

あと、ものすごく喉が渇くので
常温の水を一気飲みすれば、入浴後の気分は爽快だ。
(できれば入浴前にも水分補給したほうがいいみたいね)

何より、この入浴法を始めてから
BMIや内臓脂肪レベルが明らかに低下したことも
効果の実感につながって嬉しかった♪


▲3分間の計測については、
最初のうちは「い~ち、に~い、さ~ん・・・」と
小学生のお風呂タイムみたいに口に出して数えてたんだけど、
いちいち数えるのが面倒になってきたので、
タニタの防水タイマーで計測。


▲それと、いま入浴剤でハマってるのが、
再春館製薬所の『養生薬湯』。
これだけでもめちゃめちゃ汗が出るものの、
『333入浴法』と併せると汗の量がハンパない(笑)
ただし、うちの若ダンナは
「臭い。セロリのニオイがする」と言うので、
人によっては香りの好みが分かれるかも。

これまで、体の代謝を高めようと、
ずっと麻布十番の酵素浴に定期的に通っていたんだけど、
この『333入浴法』なら自宅で毎日できるから
無理なく続けやすいのよね~。

春までに二の腕ほっそりできるかな(笑)
引き続き継続してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください