【コラム】半日断食で脂漏性皮膚炎にも良い効果が?!~顔の脂漏性皮膚炎その⑦~

Pocket

どうも、Yumio@東京STAY HOME中です。

 

アトピー等と同じで、
難治性の皮膚科特定疾患とされている脂漏性皮膚炎。

ワタクシの場合は、もともと
昨年のゴールデンウィークに
「首のまわりが赤くなる」
ところからはじまり、それが顔へと広がってしまい、
皮膚科通院を始めてから半年が経過した。

 

おかげさまで、顔の脂漏性皮膚炎は
●プロトピック
●ニゾラール
の2つの薬を使い分ていたら、
あまり目立たない程度に落ち着いてきたんだけど、
(STAY HOME期間で睡眠時間が増え、
連日原稿締切りに追われるストレスから
解放されたことも大きいのかも???)

なぜか「首の赤味・ブツブツ」だけはなかなか改善せず、
先日の診療で先生から新たに提案されたのがこの漢方。

 


▲『十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)』であります。
じんましんや化膿した湿疹に効果があるとされる漢方で、
ストレスによる気の滞りを改善してくれると言われる
『加味逍遙散料(カミショウヨウサンリョウ)』と
一緒に飲んでます。

 

実は『十味敗毒湯』に加えて始めたのが『半日断食』。

前回のブログでも書いたけど、
約15時間固形物を摂らない『半日断食』をすることで、
カロリーを摂取する時間を減らし、
排泄(デトックス)のための時間を増やすことによって
体の不調を改善する効果があると言われてる。

ダメ元で試してみたところ、ストンと体重が落ち、
脂漏性皮膚炎の症状も治まってきて、
なかなか良い感触を得てる。

 


▲スッピン・どアップのお見苦しい写真で恐縮です。
これが「首の赤味・ブツブツ」が残っていた2週間前。
赤いところはとても痒かった。皮膚科の先生によると
「これも一部化膿した脂漏性湿疹」とのこと。
ちなみに、首へニゾラールを塗ったら
薬負けしたのか、余計に赤味が広がってしまった。


▲こちらは『半日断食』をスタートして2週間後。
断食と同時に、夜はプロトピックを塗り、
加味逍遙散料・十味敗毒湯を併せて服用。
ブツブツはまだちょっと残ってるけど、
赤味はほぼ引いた状態に。
→プロトピックについては、
10年ほど前まで発がんの危険性が疑われていたので、
皮膚科の先生の中でも見解が分かれているけど、
今は「真夏の海辺」や「日焼けサロン」のような
強烈な紫外線を長時間浴びない限り、
発がんとの相関性は無いとされているそうです。

 

とりあえず、今のところ『完治』とまではいかないけど
良い感触で快方へ向かっているので、
コロナが終息して通常の生活に戻っても、
『半日断食』は続けてみようと思います。
※顔のお手入れは、前回から変わらず、
ニッピの生コラーゲンと、セラキュアで落ち着いてます。

また、変化が見られたら報告しますね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください