【アイテム】ディーンアンドデルーカのGLOW付録ステンレスボトルが優秀!

Pocket

どうも、Yunio@東京です。

この季節、外での取材撮影は暑さとの闘い。
(まだ今年は梅雨明け前で涼しいけど)

晴雨兼用の日傘はマストだし、
塩分補給タブレットも持ち歩いてるし、
京都『宮脇賣扇庵』の扇子は欠かせない。

水分補給に関しては、
撮影の前日に500mlのペットボトルを凍らせておいて
ペットボトルホルダーに入れて持ち歩いていたんだけど、
500mlって意外と取材中に飲みきれなくて
氷が溶けたら捨ててしまうことも多かった。

 

そんなときに発見したのがこれ!


▲ディーンアンドデルーカの200mlステンレスボトル。
宝島社のファッション誌『GLOW』の付録なのだ!
(思わず購入しちゃった人も多いのでは?)

200mlって、ちょっと量が少ないかな?
と思ったんだけど、これが意外にも
取材中に飲み切るのにはちょうど良いサイズだった!

お気に入りの『賢者の食卓』を入れておけば
どんなドリンクも糖質・脂質オフになっちゃうし、
出かけるときに氷を入れておけば
朝出て取材が終わる頃になってもまだまだ冷んやり♪


▲ペットボトルを持ち歩くよりも、
軽くてかさばらないサイズだから便利なのよね。
カバンの内側に水滴もつかないし。


▲あまりに便利だったので、
グレーも買い足し、2カラー×2セットを
東京・名古屋用に大人買いしちゃった(笑)

 

残念ながらこのサイズのステンレスボトルは
ディーンアンドデルーカのショップでは販売してなくて、
『GLOW』はすでに売り切れになってるとのこと。

定価よりちょっと割高だけど、
Amazon等のネット通販でも購入可能なので
興味のある方はチェックしてみてくださいまし♪

==============================
本日の余談
==============================

ディーンアンドデルーカといえば、
今から20年ぐらい前、ニューヨークを訪れた時に、
SOHOのお店であのメグ・ライアンに遭遇したことがある。

ちょうど『ユー・ガット・メール』に出演した後で
“ラブコメの女王”と呼ばれていたメグは、
そこだけスポットライトが当たってるみたいに輝いていて
ひとりでお惣菜を選んでいる姿が
まるで映画のワンシーンみたいだったことを今も思い出す。

しかし、米国のディーンアンドデルーカは、
新型コロナの影響を受けて2020年3月に経営破綻。

NYの旗艦店だったSOHOのお店も
一時的に閉店、再生を目指すというニュースを見たけど、
またいつか自由に旅行ができるようになったら
再生したSOHOのお店を訪れてみたいな~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください