【グルメ】亀十のどらやき(東京・浅草)~東京三大どら焼きのひとつ亀十、その禁断の食べ方とは?~

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

先日久々に取材で訪れた浅草。

浅草に行ったからには、
立ち寄らずに帰れないのがこちらのお店。

 
▲浅草寺雷門門前にある和菓子店『亀十』であります!
新型コロナの影響で観光客が減ったせいか、
店の前に長蛇の行列は無く、並ばずして入店できました。
※平日は30分、休日なら1時間待ちは当たり前だったのに。

 

この『亀十』の名物はどら焼き。

東京の三大どら焼きといえば、
●上野『うさぎや』
●浅草『亀十』
●東十条『草月』
の3つで、“うさぎと亀と月”なんて言われてるんだけど、
ワタクシ個人的にはこの『亀十』が大好き♪

というのも、どら焼きの皮が
まるでパンケーキみたいにふわっふわで、
あんこが苦手なワタクシでも、
皮を目当てにしてつい大量購入してしまうのだ。

 

 
▲ジャーン!これが『亀十』のどら焼き。
白あんとあずきの二種類があって、
あんこ好きな人の間では白VS黒で好みが分かれるみたい。


▲ただし、ワタクシはあんこの塊が食べられないので、
この皮をペロ~ンとはがして皮だけいただきます(笑)
※残ったあんこは家族に配分。

 

そして・・・和菓子好きの方からは邪道だっ!
と叱られそうですが、ここからはワタクシ流の食べ方。

 


▲はがした皮にバターをたっぷりつけてパクリっ!
ほんのりと焦げた風味の香ばしい皮に、
バターの程良い塩味が加わって、もうサイコー♪
このときちょっとだけあんこをつけても美味しい。
バターは『カルピスバター』がおすすめです(笑)

 

「それなら普通にパンケーキを食べればいいじゃん!」
って感じもするけど、
“亀十名物のどら焼きの皮にバターをつけて食べる”
という禁断の行為にしびれちゃうのよね(笑)

あ~。
写真見てたらまた食べたくなってきた。

よろしければ皆様も一度お試しを。

 

 亀十
住所/東京都台東区雷門2-18-11予約・
電話/03-3841-2210
営業時間/10:00~19:00
定休日/不定休
※2020年8月時点の情報です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください