【コラム】フランス式膣トレって知ってる?!

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

先日久々に名古屋へ帰省し、
高校時代の友人たちと食事をした。


▲訪れたのは名古屋駅のタワーズプラザ13階にある
イタリアンレストラン『マーノ・マッジョ』。

 

新しい生活様式をとりいれるにあたり、
3人以上のグループで集まるのは少々気を使う。

なるべく対面を避けて横並びの席にしたり、
対面のときでも対角線上に座るなどなど
いろいろ工夫はしてるんだけど、
今回は5人の集まりだったので
なるべく換気性の高いお店を・・・と思い
探してみつけたのがこちらのレストランだった。

 

  
▲タワーズのテラス席、なかなか気持ちが良いなぁ。
この日は台風の影響で小雨がパラついたものの
屋根がついているからお天気の影響もなし。
むしろ秋風が心地よくて快適に過ごせましたわ。

 
▲この年齢になると、がっつりコースって
食べられなくなるから、
単品オーダーでちょうど良いポーション。

 
▲まわりが暗いから、シワだの毛穴だのが
目立ちにくいというのもこのお年頃には助かるのよね(笑)

 

さてさて。
20代、30代の頃は、このメンバーで会えば
最近の恋愛の話や仕事の話がトークテーマだったけど
今回は2時間の会食中のほとんどが、“健康の話”。
→50代あるあるですな(笑)

中でもいちばん盛り上がったのは
『尿漏れ防止のための膣トレ』の話題だった。

 

淑女の皆様、ご存知でしたかね?
巷で話題の『フランス式膣トレ』のこと。

 

これ、フランスにお住いのパーソナルトレーナー
ベルジェロン容子さんという方が
提唱されているトレーニング法で、
フランスでは国からの公的な指導として行われている
『骨盤底筋群を鍛える方法』を
わかりやすく解説していらっしゃるのだ。

 

例えば
尿道の筋力を鍛えるためには
「ストローでジュースを吸い上げるようなイメージ」で。

膣の筋力を鍛えるためには
「エレベーターのドアが閉じて上昇していくイメージ」で。

肛門の筋力を鍛えるためには
「ワインのコルクをねじり上げるようなイメージ」で。

と、ビジュアルイメージを働かせながら
毎日それぞれ20回程度トレーニングを行うと
高齢期の尿漏れ対策などに効果があるそうな。

 

実はワタクシもこのトレーニングを
今年に入ってから毎日お風呂の中でおこなっている。

最初のうちは、尿道だの、膣だの、肛門だの、
すべて一緒に動いてるような気がして
筋肉の使い分け方がさっぱりわからなかったものの、
1週間ぐらい続けてみると、
ストローで吸い上げる感じとか、
エレベーターが上昇する感じとか、
コルクをねじる感じとかが
ちゃんと自分でわかるようになってきた。

尿漏れに効果があるのかどうかはまだハッキリしないけど、
とりあえず今のうちから“貯筋”をして老後に備えるのは
きっと無駄なことではないもんね。

==============================

名古屋都心の摩天楼の下で、
50代の同級生女子5人が、ただただ無言になって
ストローとエレベーターとコルクを試した夜。

これも良い思い出になりました(笑)

みんな、引き続き元気に人生楽しもうね~!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください