【手土産】東京駅でしか買えない仙台銘菓 萩の月の姉妹品『萩の調 煌(ハギノシラベ コウ)ホワイト』をゲット!

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

先日のこと。
取材帰りに『東京』駅で乗り換えがあり、
『グランスタ東京』内でいつも行列ができている
『菓匠三全(カショウサンゼン)』の前を通ったので
ワタクシも並んでみることにした。

 


▲『菓匠三全』のショップがあるのは、
山手線の4番線・5番線のちょうど間の通路のところ。

 

全国に名の知れた銘菓の中で、
老若男女問わず万人ウケするお土産といえば、
福岡の『博多通りもん』と仙台の『萩の月』。
(→あ、これ、個人的な見解です・笑)

その『萩の月』の姉妹品である『萩の調 煌 ホワイト』は、
ここ『東京』駅でしか買えないってことで、
今年8月のオープン以来、行列が絶えないのだ。

 

 
▲平日18時過ぎのラッシュの時間帯だったけど、
この日は約15分待ちで店頭に到着。
限定品の『萩の月×萩の調の詰め合わせ』もまだ残ってた。

 
▲一番小さな4個入りは売り切れで、6個入りをゲット。

 

袋から取り出してみると・・・

 

 
▲おおおおお!確かに白い!
何でも『萩の月』とは素材が違うそうで、
黄身が真っ白な「ホワイトエッグ」を使い、
真っ白な「ホワイトカスタードクリーム」を
真っ白な「カステラ生地」で包んでるんだって。

 

自分の舌の記憶に残ってる『萩の月』と比べると、
良い意味で“玉子の風味”が抑えられていて上品な味わい。

甘味も抑えられてるので食べやすい印象でした!
(冷蔵庫で冷やして食べるのもオススメ)

 

日持ちは2週間ぐらい。“ここでしか買えない”レア感と
“真っ白な萩の月”という見た目のかわいらしさもあって、
手土産にすると喜ばれそうね。

『東京』駅を利用される皆さま、
山手線へ乗り換えるときに、
行列の長さをチェックしてみてはいかがでしょ?

 

 菓匠三全
住所/JR『東京』駅改札内 グランスタ東京1階
営業時間/8:00~22:00
     日・連休最終日の祝日は21:00まで
電話番号/03-6273-4731
※2020年10月時点の情報です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください