【コラム】ラスベガスホテル紀行

Pocket

どうも、YUMIOです。

昨夜無事に米国より帰国しました。

普段の生活では『効率的』という言葉を

こよなく愛するワタクシでありますが、

こと、海外旅行に於いては

非効率なトランスファーが大好きなのでして。

(だって、いろんな空港見てみたいし・・・)

今回は、

名古屋→成田→ソルトレイクシティ→ラスベガスと、

片道およそ20時間の旅となったのであります。

 

▲こちらはユタ州ソルトレイクシティの空港。

目の前に雪山が・・・

さすが、冬季オリンピック開催地だけあってめちゃ寒い。

タイムゾーンはMDT(山岳部時間)になるので、

ここでもラスベガス(PST)とは1時間の時差があった

寒いソルトレイクシティを発って1時間半、

砂漠のど真ん中、ネバダ州ラスベガスに到着!!!!!

 

▲いいわぁ~♪この悪趣味なほどきらびやかなネオン♪♪

何回訪れてもゾクゾクする街、ラスベガスっ!!!

4年ぶりのベガスには、

新しいテーマホテルがいくつも登場し、

街の風景が以前と変わっていた。

実は、今回の旅は、

“ホテルが街の主役”とも言えるラスベガスの

ホテル巡りをするのが目的で、

カジノにはまったく興味無し。

3泊の旅程で4つのホテルに滞在するという

ホテル漬けの旅となったのだった。

↑ホテルマニアのワタクシとしては、

この上なく楽しいプランである。

▲マッカラン(空港)からタクシーで向かったのは、

ベネチアンの姉妹ホテルとして誕生したパラッツォ!

ロビーに飾られた傘のオブジェが目を惹く。

年間50日ほどしか雨が降らないベガスでは、

傘は無用の長物なんだけど。この皮肉な感じがまた良い

 

▲こちらは2泊目で滞在したアンコールのベッドサイド。

ダイナミックパノラマウィンドゥからはベガスの夜景を一望。

100万ドルの夜景に脚を向けて眠る、なんとも豪快な部屋だった

(足元の先にそびえたってるのは3泊目のトランプタワー)

 

▲3泊目のトランプタワー

  

  

▲取材に立ち寄っただけで宿泊無し。

ラスベガスを代表するテーマホテル【ルクソール】。

 

自分の記憶の整理のためにも

今後は当分ラスベガス旅日記が続く予定でございまして。

お付き合い頂ければ幸いかと♪

さて、

旅の荷ほどきをする間もなく、

また明日から東京行ってきますっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください