【旅】ウィンでル・レーヴ鑑賞~ラスベガスホテル紀行~

Pocket

どうも、YUMIOです。

さてさて、今回はラスベガスホテル紀行。

2泊目にステイした【アンコール】のお隣、

【ウィン】のお話であります。

▲大きく弧を描いたブラウンガラスの外観。

(写真はアンコールのプールサイドから撮影)

“居心地”という意味では、ベガスでいちばん好きなホテル

▲こちらはホテルロビー。ホテルの規模の割には狭いので

(写真では空いてるけど)昼間はめちゃめちゃ混雑してる

 

▲赤を基調にして、絨毯や照明は花や植物がモチーフに

 

▲こちらは前回宿泊したときの室内写真。

お部屋の中はサーモンピンクで統一されていてかわいい!

 

▲どこもかしこも色の洪水!何を撮っても絵になるホテルだ

▲今回の旅で唯一訪れたショーが、

ウィンシアターで上演されている【ル・レーヴ】だった

 

▲ショーを見たのは、ベガスを発つ日の前夜、旅の最終日。

「せっかく最後の夜なんだから、一番良い席で観たい!」

と言い張った 母・ふのりの要望に応え、

VIPシートをBOXオフィスで購入 (お値段は200ドルちょっと)

▲ル・レーヴのVIPシートは劇場全体を見渡せる最後列。

2人掛けのカップルシートになっていて、

シャンパン1本とチョコレートがプレゼントされる

 

▲開演前と閉演後は劇場内での写真撮影OK。

左はシャンパンを持ってきてくれたキレイなお姉さんとパチリ♪

▲見よっ!この美しい舞台装置。

ル・レーヴは【O】と同じ演出家による作品で、

ベガス初の円形プールステージが話題になっている。

【O】よりも劇場が狭いので迫力は劣るけど、

この舞台の優美さはなかなかの見もの!!!

(ガイドブック等では酷評されてるが、そんなに酷くはない!)

▲足元のモニターには、控室の様子や

水中と天井でダンサーたちが待機する舞台裏が映し出される

(でも、上演中はあんまりモニター観てなかったかも)

================================================

ここからは旅のこぼれ話

================================================

シャンパンのフルボトルをまるっと一本開けて、

珍しく酔っ払った我が母・ふのり。

帰り道、宿泊するホテルまで

夜風に当たりながらそぞろ歩きをしたんだけど、

ふのりの足元がふらついていたので、

何十年かぶりに手をつないで並んで歩いてみた。

思えば、母・ふのりも68歳。

なかなかの「お年頃」なのに、 よく疲れた顔も見せず、

この強行スケジュールで楽しそうにしてるよなぁ・・・

あと何回、こうして並んで

外国の街を一緒に歩けるのかな・・・

そんなことを考えていたら

突然涙が溢れ出てきた。

涙もろくなったのは、自分が歳をとったからか。

それとも、シャンパンがまわりすぎたせいか。

隣で無邪気に ショーの感想を話している母に 悟られないように、

空を仰いで、流れる涙を呑みこんだ。

旅の最終日の夜ってのは、

どうしても感傷的になるもんでしてね。

========================

さて、ちょっぴりしんみりしたところで、

今からまたまた東京出張行ってきま~す。

(↑東京トンボがえりっ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください