【グルメ】伊勢藤(いせとう)|神楽坂にある日本一静かな居酒屋~東京都新宿区神楽坂~

Pocket

どうも、YUMIO@名古屋です。

名古屋は台風一過の青空!

・・・かと思ったら、

意外とまだ黒い雲が渦巻いてます。

みなさんのエリアは

台風被害・・・大丈夫だったでしょうか?

================================================

さて、先日不思議な居酒屋に訪れたのでご紹介を。

場所は東京・神楽坂。

六本木や渋谷・新宿とはまったく違う

『オトナの街』の神楽坂の坂の上に、

“神楽坂という街を物語る居酒屋”があるという。

▲毘沙門天の向かい側の細い路地を奥へと進む。

▲一瞬、普通の民家かと思い通りすぎそうになったが、

歴史を感じさせる日本家屋から独特のオーラが放たれていた。

▲ここが【伊勢藤】の入口。日本一静かな居酒屋だ。

屋内の撮影はNGとのことだったので

お料理のみ撮影させていただいたのだが、

【伊勢藤】の中はまるで

昭和初期にタイムスリップしたかのような雰囲気。

縄のれんをくぐり店の奥へと進んでいくと、

手前に土間。その向こう側に店主の方が座る囲炉裏。

土間と囲炉裏に並ぶようにして和室が二間。

柱や床板はすべて黒光りして、

長年大切に磨きこまれてきたのがよくわかる。

▲ちなみに「とりあえず、ビール!」というのはありえない。

ここでいただけるのは、日本酒『白鷹』の燗か冷のみ。

燗を注文すると、店主の方が囲炉裏の炭で燗をつけてくださる。

追加注文するときは写真右上の呼び鈴をチロリンと鳴らす。

▲食事は、日本酒に合う一汁四菜のみ。白飯はない。

(これが、どのおつまみも本当に美味しい!!!!!)

足りないひとは、品書きに記された

明太子やたたみいわし、田楽などの

酒の肴を追加でオーダーするシステムだ。

店内では、皆がひそひそ話風に

声を落として談笑している。

なんだか図書館の中にいるみたいに静か。

ちょっとでも大きな声を出すと

「お静かに・・・・」とさりげなく注意を受けることもあるそ~な。

ちなみにこの日、

ワタクシたちは和室の座敷席に座ったんだけど

お隣の席には、文壇関係者と思われる渋いオジサマ方が

「そういやこの前、五木寛之と久々にね・・・」

なんて有名作家の名前などをちらほらと出しながら

何やら噂話に興じているご様子だった。

同行したワタクシの友人たちは

「なんでこんなに静かに飲まなきゃいけないんだろ・・・」

「客が店に媚びすぎてるんじゃない?」

なんて(周りに聞こえないようささやき声で)言ってたが、

その時、お隣の文壇紳士がひとこと。

 

「これが、伊勢藤の、伊勢藤たる所以ですよ」

 

なるほど。

この店のお客は皆、

“酒を飲みに来る”のではなく

“伊勢藤に飲みに来る”というワケか。

ワタクシ個人的には

またもう一度訪れてみたいと思った

素敵な大人の居酒屋であります。

 伊勢藤(いせとう)

東京都新宿区神楽坂4-2

電話/03-3260-6363

営業時間/17:00~21:30

※土曜・日曜・祝日定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください