【旅】べにや無何有(むかゆう)|また“ここへ戻りたくなる”山代温泉の名旅館~石川県加賀市~

Pocket

どうも、Yumio@名古屋いまから大阪です。

さてさて、先日の石川取材時に
“自腹を切ってでも泊まってみたい!”
と思って宿泊したお宿がこちら。


▲べにや無何有(むかゆう)。
無何有というのは、”自然のまま何も作為がない”
という意味の荘子の言葉だそう。


▲訪れた10月上旬は、まだ夏の名残があって
生き生きと茂る緑が眩しいほどでした。

 
▲いわゆる”温泉旅館”とは一味違うモダンな館内で、
ラウンジのソファやテーブルも、とにかくお洒落!
ウェルカムドリンクは、生絞りりんごジュース。美味しい!

 
▲こちらがお部屋であります。
シャワールームからそのまま出られる露天風呂には
ジャグジー付き!大浴場もとっても良かったけど、
部屋の露天も気持ちよくて、夜・朝何回も入っちゃった!

本当は早めにチェックインして
部屋で原稿を書こうかと思ったんだけど、
さすがにビジネスホテルではないので
パソコンコーナーやPC貸し出しがあるはずもなく・・・
(Wi-fiは飛んでます)

仕方なく?”自然のまま何もしない夜”を
久々に過ごしたのであります。

→そりゃ、この部屋で仕事するって、
無粋の極みですわよね~。
すんません、貧乏症なもんでじっとしてられないのですわ。

 
▲お食事の前には、社長さん自らが立ててくださった
お抹茶をいただき、記念撮影!
(あ、ここから母・ふのりが合流しました)
しかし、わたしたち以外は全員外国人!
外国の旅雑誌でもたびたび紹介されているので、
圧倒的に外国人宿泊客が多いんだって。
みなさん、浴衣をコートのように羽織っていたのが
なんだかかわいかったワ。

 
▲そして、ここからは楽しみにしていたディナータイム。

 
▲『常きげん』の山廃で乾杯したあとは、
落ち葉で蓋がされた先付と揚げ銀杏。
そして、天橋立でとれた毛蟹の琥珀ゼリー。美味いっ!

 
▲ビックリしたのはお椀。
なんと加賀野菜の加賀太胡瓜がそのまま器になってた!
蛤のお出汁がとっても美味しゅうございました。

 
▲向付、寿司とつづき、焼き物は国産松茸!
国産にしかこだわっていないので、
良いものが入らないときは国産椎茸になるのだそう。

 
▲メインは能登牛の昆布焼き、お魚はのど黒の煎り米焼き、
そして、〆はなんと鮑がゆ!!!!!!
これ、また食べたいよ~。

================================================

そして、ここからは朝。
予約時間に合わせて土鍋でご飯を炊いてくれます。

 
▲採れたて野菜と生絞りジュースからスタート。
特注の海苔箱に入った海苔がめちゃめちゃ美味!
(下に炭が入ってるんだって!)
スタッフのお姉さんがなにげに美女揃いなのもすごい(笑)


▲やっぱ朝食って大事ね~。
これだけの豪華お食事で朝からパワー充電!!!!!
このあと、もう一件の取材地へと向かったのであります。

いや~、
しかしですな。

こちらのレストランで、
英語ペラペラのめちゃめちゃ感じが良い
若いアルバイト君風の男の子を発見!

ちょうどうちの若ダンナが
英語の話せる海外勤務のスタッフを探していたこともあって、
「もし良かったら海外で働く気ない?」
とこそっとスカウトしてみたら・・・

社長の息子さんだった(笑)

大変申し訳ない・・・

というか、よくできた息子さんですな~。
さすがでございます。

(ってか、ワタクシの人を見る目も
捨てたもんじゃないぜ、と自画自賛)

そんな非礼を働いたにもかかわらず、
最後までとても感じよく接客してくださいました(笑)

高級ホテルや旅館って、
「1回泊まればもういいわ」というところもあるけど、
ここはまた継続して”戻りたくなる”お宿。

アルバイト君、もとい、
社長の息子さんのさらなる成長ぶりを楽しみに
また近々お邪魔しよっかな~。

 べにや無何有
住所/石川県加賀市山代温泉55-1-3
電話/0120-07-1340

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください