【旅】旧軽井沢キキョウ|夏休みに出かけたい“滞在時間”を愉しむためのホテル~長野県軽井沢市~

Pocket

どうも、Yumio@久々の名古屋です。

先日のこと、
HOME’S PRESSの取材で雨の軽井沢へ行ってきた。

朝から3物件取材という強行スケジュールだったんだけど、
束の間の癒しになったのがこちらのホテル。


▲『旧軽井沢ホテル』の建物をリノベーションし、
今年の春に開業したばかりの『旧軽井沢キキョウ』であります。
実は、あのヒルトングループの新ブランド
『キュリオコレクション』の日本初上陸となったホテルで、
運営は東急ホテルズが行っているというコラボホテルなのだ!
→この誕生秘話は後日HOME’S PRESSでレポートします。


▲こちらは広々としながらも
どこかアットホームな雰囲気が漂うロビーラウンジ。
インテリアのカラーコーディネートがとってもステキ。

 

 
▲客室からはいかにも軽井沢らしい
中庭の緑の木立を眺めることができる。
沖縄で定宿にしているリッツカールトンもそうだけど、
単にレジャーや宿泊を目的にするのではなく
“そこへ滞在するために訪れたいホテル”がある・・・
まさにここはそんなオーラを持ったホテルなのであります。

 
▲こちらは地下のスパゾーン。
なんと、アメニティは高級コスメブランド『ドゥラメール』を
どうぞご自由にお使いくださいとのこと!
思わず「これ、盗られたりしませんか?」とお聞きしたら
「そういうお客様は当ホテルにはお泊りにはならないかと・・・」
と答えにくそうに答えてくださった。そりゃそ~だ(笑)


▲メインダイニングの『ソノリテ』も美味しいと評判!
レストランはホテルに滞在していなくても利用可能です。

 
▲お品書きはまるで『詩』の一節のようなフレーズがズラリ。
「○○の○○仕立て」といった具体的な表記がないので
どんなお料理が出てくるのか?とドキドキする楽しみが・・・

 

 
▲メニューは基本的に季節ごとに変わるものの
地元で良い食材が入れば急遽アレンジすることもあるそう。
しかし、『温故知新』と名づけられたアスパラの肉巻き。
定番料理なはずなのに、新しい食感と味付けでビックリ!
ソースもお皿を舐めまわしたいぐらい(笑)ほんと美味だった。

最近インバウンド効果もあって
“プチバブル状態”が続いているという軽井沢。

ハイシーズンにあたる夏休み期間中は
予約がちょっと大変かもしれないけど、
ぜひまた“この空間で過ごすこと”を愉しみながら
ゆっくり滞在したいステキなホテルでありました。

夏のリゾートプランを企画中の皆さん、
今年の夏は『ビーチ』ではなく
『木立ち』への旅を計画してみてはいかがでしょ?

 KYUKARUIZAWA KIKYO(旧軽井沢キキョウ)
住所/長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢491-5
電話/0267-41-6990(予約対応は9:30~17:30)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください