【グルメ】のこぎり二&ゆたかふぇでノスタルジックなアート時間満喫!~愛知県一宮市~

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

先日のこと。
一瞬名古屋へ戻れる時間が取れたので、
うちの若ダンナと一緒に一宮までドライブしてきた。

実は、義理父である若ダンナパパさんが、
一宮にあるアートスペースにて
個展を開いていると聞いたので訪れることにしたのだ。

義理母のコツリお母さんからは
「工場の跡地だから行くとビックリするかも!」
と予告を受けていたのだけど、行ってみたら本当にビックリ!

そこがあまりにもステキな空間だったからだ。


▲旧・尾西市の住宅地の中にあるアートスペース『のこぎり二』。
もともとは地元産業である機織りの工場だったそうだけど、
今はこののこぎり屋根の工場跡地を使って
工房やイベント・展覧会会場として使ってるんだって!
しかし、外に看板が出ているワケでもないので、
知らなかったら通り過ぎてしまいそう・・・(笑)


▲一歩ずつ工場の中へ入ってみると、
梁や土壁がむき出しになったノスタルジックな空間が!
そういえば子どもの頃、
うちの近所にもこういう雰囲気の建物がたくさんあって、
学校帰りに友達と侵入して(笑)遊んでたなぁ・・・懐かしい!


▲この空間に、パパさんの墨一色の作品がとてもよく似合っていて
本当にステキな個展だった!
「うちのおとんはね、昔からティッシュの箱とかにも
すぐにこうやってサラサラと絵を描いちゃうの!」と、
若ダンナもちょっと自慢気な様子(笑)

 
▲ふと、個展スペースのまわりに目を向けてみると、
雑貨などを販売する工房が。


▲墨一色の世界から、急に広がった巻き糸の極彩色の世界。
なんだろ~、このコントラスト。この空間美。
→ライターならちゃんと言葉で表現しろって感じだけど(笑)
とにかくめちゃめちゃステキだったのであります。
※パパさんの個展『墨の像』は7月半ばまで展示予定です。


▲アートスペースのお隣には『ゆたかふぇ』が。
いわゆる“インスタ映え”だけのお店ではなく、
ランチもスイーツも、メニューのすべてを
安心素材の手作りにこだわっているところがスゴイ。



▲すでにランチタイムは過ぎていたのに、
お店の中は学生さんからミセスグループまで、女性客で満席!
名物のオムライスもカレーもティラミスもめっちゃ美味♪
2年前にオープンしたそうだけど、
スタッフの方も感じ良いし、こりゃ人気出るはずだわ(笑)

 のこぎり二
住所/愛知県一宮市篭屋4-11-13
電話/0586-58-7174
ゆたかふぇ
住所/愛知県一宮市篭屋4-11-13
営業時間/11:30~17:00
※2018年6月時点の情報です。

ノスタルジックなのこぎり屋根工場の街並みに癒される
隠れ家的な2つのスポット
『のこぎり二』と『ゆたかふぇ』、超オススメであります。

あ、そうだ。
おそらくクルマとナビが無いと絶対行けない場所なので
お出かけの際にはくれぐれもご注意を(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください