【グルメ】利根屋(とねや)|ホルモン焼きの名店で広島名物“コウネ”を初体験!~広島・銀山町~

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

いよいよ平成も残すところあと3日となりましたな。

平成最後の出張先となったのは『広島』。
マツダの本社がある『向洋(むかいなだ)』で取材を終えた後、
目指したのは広島の繁華街『銀山町(かなやまちょう)』。
(名古屋で言うところの錦三みたいなとこね)

「今度広島へ行く機会があったら絶対行ってくるといいよ!」
とオススメを受けたホルモン焼きの名店
『利根屋』へとひとり向かったのであります。


▲うわ、めっちゃ良い雰囲気の佇まい。
19時を過ぎると満席になっちゃうとのことだったので、
18時の開店15分前にお店の前に並ぶことに。
そしたら「お姉さん、ひとりでうちの店に来るなんて珍しいね。
もう入ってもいいよ」と大将が声をかけてくださって
10分前にカウンターに着席することができた。
(→お姉さんと言ってもらえたのが何気に嬉しい・笑)


▲壁にズラリと並ぶお肉のお品書き。
どこの部位なのかさっぱり見当がつかない名前もいっぱい。

「お肉はお任せでお願いします。
あ、コウネは入れてください」

事前情報で「コウネが名物」と聞いていたので
あとはおまかせでオーダーすることに。

==============================

ところで皆さん「コウネ」ってご存知でしたか?

これ、実は広島県以外ではほとんど出回ることの無い
牛の肩バラ肉(前脚の脇のあたり)だそうで、
一頭の牛からあまり量が取れない希少部位なんだって。

脂がたっぷりのってて
コリコリとした食感が美味しいと評判!

なのになぜか広島以外では食べれてないってのが不思議・・・
(もともと広島の精肉市場で働いていた人たちが
“これは美味い”と食べはじめたものだそうな)


▲キター!!!!!手前が念願の「コウネ」。
お弟子さんの後ろで肉焼き加減に目を光らせているのが大将。


▲これこれ、「コウネ」。
塩コショウとにんにくというシンプルな味付けなんだけど
なんだこれ?!感動的に美味いっ!!!

 
▲こちらはおまかせの2品目で、
アブラ(小腸)とホルモンを合わせたもの。
タレをつけていただくんだけど、
このタレがちょっと酸っぱ辛い酢味噌みたいな味で
これまたクセになる味♪アブラも美味しいなぁ。

 
▲大将のオススメでレバーも頂くことに。
最初は塩で、そのあとタレでいただいたんだけど甘くて美味!
そして〆はこれまたお店の名物のスープ。おいし~♪

しかし、失敗したわ~。

ここは2人以上で来て
あれこれ食べ比べをせなかんお店だった(笑)

野菜を入れてもらうとけっこうボリュームが多いので
一人で食べきるにはお肉3品が限度・・・
(常連さんらしき男性おひとりさまたちも、
皆さん2~3品までお勘定してたしね。
ただし、野菜ナシでもオーダー可能です)

次回広島出張のとき、
お付き合いしてくださる方、求めます(笑)

 利根屋
住所/広島県広島市中区銀山町15-1
営業時間/18:00~深夜0時(日祝は17:00から)
定休日/火曜日・第三月曜日
※2019年4月時点の情報です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください