【街歩き】YOASOBIの紅白中継で話題に!『ところざわサクラタウン』へ行ってきた

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

先日のこと。
埼玉県所沢市に昨年11月にグランドオープンした
『ところざわサクラタウン』へ取材に訪れる機会があった。

 


▲隈研吾デザインの、まるで遺跡のような石の建造物、
「テレビで見たことある!」という方も多いのでは?


▲こちらの『本棚劇場』は、昨年の紅白中継で
あのYOASOBIがパフォーマンスした場所として
一躍話題になりましたな~。

 

実は本当は、昨年末に取材予定だったんだけど、
新型コロナの感染拡大の影響を受けて取材自粛に。

先日首都圏の緊急事態宣言が明けて
ようやく訪れることができたのであります。

 

 
▲こちらは最寄り駅のJR武蔵野線『東所沢』駅。
駅もなんだかお洒落ね♪
『東所沢公園』を通り抜けて10分ほど歩くと
『ところざわサクラタウン』に到着。


▲うわぁ~。近くで見るとすごい迫力だなぁ!
ちなみにこちらは『角川武蔵野ミュージアム』。
サクラタウンの中にある美術館です。


▲ミュージアムは5階建てなんだけど、
展示スペースに入るには事前予約が必要。
(このエントランスまではフリーで入れます)


▲4~5階部分の二層吹抜けになっているのが
天井高8m、約5万冊の蔵書に囲まれた『本棚劇場』。
ここには角川の新刊をはじめ、
様々なジャンルごとに角川の本が展示されてます。
(貸し出しはできず、手に取って読むのはOK)

 
▲本棚劇場の先にある『エディットタウン』。
9つの文脈に沿って“世界を読み解く本”が並んでます。


▲こちらも貸し出しはできないものの、
館内のどこで本を読んでもOKだそう。
木と紙の香りに癒されるわ~。

 
▲「クールジャパンのコンテンツモール」
を謳っているサクラタウン内では、
何と『神社』も日本文化の代表コンテンツのひとつ。
近代的な大鳥居がカッコイイ。

 

この他にも、タウン内には
オフィス、ホテル、レストランなどなど
多彩な機能が揃っているので、コロナ禍でなければ
首都圏の観光名所の1つになっていただろうなぁ・・・
としみじみ実感(外国人観光客に喜ばれそう)

==============================

もともと『東所沢』自体はこれまで
“特に目立った施設がない静かな住宅街”だったけど、
この角川のクールジャパン文化発信地ができたことで
どんな風に街が変わっていくのか楽しみ!

この続きは後日HOME’S PRESSでレポートしますね(笑)

 

 ところざわサクラタウン
https://tokorozawa-sakuratown.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください