【グルメ】笹屋伊織 別邸(京都・梅小路)~和のアフタヌーンティーならあの幻のどら焼きが食べられる!~

Pocket

どうも、Yumio@東京です。


▲昨日は大雨の中『京都』で取材。
ディレクターのN子さん、Iさん、
カメラマンのMさん、お疲れ様でした!

 
▲取材終了後、次のアポまで時間があったので
梅小路にある『ホテルエミオン京都』へ。

 
▲実はこちらのホテルには、1階に
老舗和菓子店『笹屋伊織』のカフェがあるのだ!

 
▲お目当てはこれこれ!
笹屋伊織の銘菓を網羅する
『和のアフタヌーンティー』3300円也。
※90分でドリンクは飲み放題♪


▲そもそも“餡子が苦手”なワタクシが
和菓子のアフタヌーンティーをを完食できるのか?!
最初はちょっと不安だったんだけど・・・
(だったら行くな、ってハナシだが・笑)

 
▲サンドイッチ風のフィンガーフード。
ソーセージやポテトサラダが
ほんのり甘い和菓子の皮で包まれてる!
(意外な組み合わせで美味しい♪)

 
▲セリーやアイス最中など餡子率低めでホッとした(笑)

 
▲何より感激したのは、
“月に3日しか販売されない幻のどら焼き”
としてお馴染みの『笹屋伊織のどら焼き』が出てきたこと!

『笹谷伊織のどら焼き』は、
いわゆるドラえもんが好きな普通のどら焼きとは
ちょっと形が違っていて、さらし餡のまわりに、
モチモチの薄皮を重ねて筒状に丸めた
不思議なカタチをしてる。

この薄皮がマジで美味!!!!!
幻のどら焼き、また食べたいなぁ。。。

 

ちなみに、アフタヌーンティーには
この『どら焼き』がついてくるときと、
同じく、店頭に並べば即完売の人気銘菓
『伊織のおはぎ』がついてくるときと
タイミングによって分かれるみたい。

餡子が苦手なワタクシでも大満足の
『和のアフタヌーンティー』でありました。

 

 笹屋伊織 別邸
住所/京都府京都市下京区朱雀堂ノ口町20−4
営業時間/11:00~18:00
定休日/不定休
※2021年7月時点の情報です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください