【グルメ】田無羅(福岡・春吉)~美味しい焼肉をちょっとずつ、話題の高級韓国料理店~

Pocket

どうも、Yumio@東京です。


▲先週はまたまた出張ウィークで不在が続き、
昨日『博多』から戻りました。

 
▲出張の楽しみと言えば、取材終わりのご当地グルメ。
今回は天神南にあるグルメ街『春吉』へ。

 
▲訪れたのは、ミシュランの星獲得で話題になった
韓国料理店『田無羅(たむら)』であります。

 

実は福岡では焼肉文化が意外にも浸透してなくて、
(そういえば“炊き肉”を食べたりするわね)
これまでカウンターで焼肉を食べるような
デートや接待向けの“オトナの焼肉店”というのは
ほとんど無かったそう。

でも『田無羅』の星獲得によって、
福岡にいま高級焼肉店ブームが訪れてるんだって!

 


▲そんなブームの火付け役と言われているのが
店主の田村さん。とても気さくな方だった♪


▲2階には個室もあるそうだけど、
この日はカウンターでひとり焼肉。

 
▲センマイなどのお馴染みのメニューを
普通の焼肉店とは違う食べ方で試せるのが楽しい!

 
▲何が感動したって、
この『テールの塩焼き』と『テールスープ』。
本当に美味しかったっ♪
絶妙な塩味とトロットロのコラーゲン♪
「骨のまわりが一番美味しのでしゃぶりついてください」
と言われ、ほんとに骨まで舐めまわしちゃった(笑)

 

田村さんによると、
「一度この塩焼きをコースから外したら
常連さんたちからクレームが入ったので
これだけは一年中コースに入れてます」とのこと。

うむ。わかる、わかる。
このテールだけ10個ぐらい食べたいもん。
(翌日お肌がしっとりプルプルに!)

 

 
▲ここからは焼き物。一品目はなんと『鰻の塩焼き』
これがまたコリッコリで超美味!

 
▲タンやロースは、オリジナルのネギダレや
玉ねぎのつけダレ、たっぷり野菜に合わせていただきます。
“美味しい部位をちょっとずつ食べたい”
という大人の胃袋にぴったり!


▲この自家製の『白キムチ』も美味しくてテイクアウト。
乳酸菌たっぷりとのことで汁まで飲み干しちゃった。

 
▲焼肉らしい焼肉は2品ぐらい。
(食欲旺盛な男性には少々物足りないかもしれないけど)
「もうダメ~、これ以上入らない!」
というところのちょうど手前でお肉が終了するので
胃が疲れなくて本当に心地良いわ♪

 
▲そば粉を一切使っていないというお手製冷麺。
これまた美味い!!!!!


▲〆はかぼちゃのスープ。
もともとは食前に出してたそうだけど、
辛味のリセットで食後のデザートにしたそう。
うん。これも甘すぎなくて嬉しい。

 

博多=焼肉のイメージがまったくなかったけど、
博多を訪れたら絶対に訪れたいお店!

あ~。テールの塩焼き、また早く食べたいなぁ。

 

 韓国料理 田無羅(たむら)
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40000441/
住所/福岡県福岡市中央区春吉3-22-29
営業時間/17:00~24:00
定休日/水曜日
※2021年7月時点の情報です。

 

==============================
本日の余談
==============================

 
▲スタバのご当地フラペチーノ、
福岡は『八女茶やけんフラペチーノ』でした。
低脂肪乳が使われていて甘さ控えめで美味しい♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください