【グルメ】松庵文庫(東京・西荻窪)~ニシオギの閑静な住宅地に佇む古民家ブックカフェ~

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

先日取材で訪れたのは、
「ディープカルチャーのまち」とか
「スピリチュアルタウン」などと称される『西荻窪』。

 

 
▲駅前の商店街のアーケードにぶら下がっているのは、
ニシオギのアイドル、三代目『ピンクの象』。
なんでも、初代の象のメンテナンスをするときに
偶然余っていた赤と白のペンキを混ぜたらピンクになり、
以来“ピンクの象”が街のシンボルになったんだって(笑)

 

商店街を歩くと、カレー屋さんの数が多く、
ものすごい品ぞろえのスパイス専門店があったり、
道行く人のファッションがちょとインド風だったりと、
とにかく中央線沿線の中でも“個性派”として知られていて、
一度訪れると多くの人がハマる不思議な街だ。

==============================

もうひとつ「カフェの聖地」としての一面もあり、
お洒落なカフェが点在しているのもニシオギの魅力。

 

 
▲その象徴的な存在となっているのが、
住宅街の中にひっそりと佇む『松庵文庫』であります。

 
▲古民家を改築した店内は、
1階にカフェスペースとセレクトショップ、
2階にシェアスペースがあって、
ギャラリー等に活用できるようになっている。

 
▲ショップにはステキな作家さんの器がズラリ。
“文庫”の名前の通り、
店内にはいろいろなジャンルの本が置かれていて
お茶をしながら手に取って読むこともできる。


▲もともと和御膳のランチが評判だったけど、
コロナの影響もあって今は予約のみになってるみたい。
今回は予約なしでいただけるバケッドサンドをオーダー。

 
▲デザートはお手製のチーズケーキ。
なんと岩塩をつけていただきます。
ケーキ自体にはまったく甘味がないんだけど
岩塩をちょっとつけると甘味が感じられて
めちゃめちゃ美味しい♪

 

みなさん“読書を楽しみに訪れる”という感じで
カフェスペースは図書館のようにとっても静か。

慌ただしく予定に追われる生活から一瞬離れて、
全く違う時間軸の中で過ごしているような
ゆったりした気持ちになりましたわ♪

こういう時間って、大事ね~。

 

 松庵文庫
https://shouanbunko.com/
住所/東京都杉並区松庵3丁目12−22
営業時間/11:30~18:00 ※木・金・土は20:00まで
定休日/月曜日・火曜日
※2021年9月現在の情報です。
※緊急事態宣言等の発令により営業時間が異なります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください