【美容】これデキる?!カラダの老化サイン『筋力低下』をチェックするストレッチ3選!

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

 

先日「体重は減ったのに体脂肪が増えた!」
「筋力を増やすためにストレッチしてる」
というエントリーをしたら、
★過去記事はこちらhttps://menage.jp/d-blog033/2021/09/15/
ヨガインストラクターをしている友人から
「これデキる?」とラインが送られてきた。

なんでもこの3つのストレッチがデキないと、
筋力が低下し、カラダが老化している証なのだそうな。

 

==============================
①前屈
==============================


▲ワタクシはかろうじてできた『前屈』。
ただ、このイラストのように、
後ろ手を伸ばした状態にすると、
腰にグキっときそうで少々不安になる。

 

==============================
②屈伸
==============================


▲学生時代、体育の授業のときは
必ずやっていたはずの『屈伸』。
こちらもかろうじてできたものの、
このイラストのようにかかとを上げた状態ではなく、
いわゆる「ぼっとん便所座り」の状態で
かかとをペタンと床につけると
長時間体勢をキープできなくなっててビックリ!
何度も尻もちついちゃった・・・トホホ。

よくよく考えてみると、
昭和の前半まではほとんどが和式トイレで
70歳になっても80歳になっても
毎日何度もこの“屈伸運動”をしてたワケだけど、
今は洋式トイレしか使わない。

明らかに現代人の筋力は低下してるんだよな~。怖っ!

 

==============================
伸脚
==============================


▲プールに入る前の準備運動でもある『伸脚』。
実はワタクシ、今回これができなかった!!!!!
中腰ぐらいまでなら簡単にできるんだけど、
このイラストのような“深い伸脚”ができず、
まずはポーズをつくるにも一苦労・・・
本来は曲げた脚のかかとをぴったりと
床につけないといけないそうだけど、
どうしてもかかとが浮いてしまう。

それと、学生時代なら右・左・右・左・・・と
交互に伸脚運動ができていたはずなのに、
深い伸脚の状態からだと腰が持ち上がらず、
左右交互に動かすことができないことも発覚!

これはリアルにショックだわ(笑)

 

友人に報告すると、
「できない運動を重点的に、腰に無理のない範囲で
毎日ストレッチするように心がけるとカラダは変わるよ」
とのこと。なるほど、がんばろ~。

 

ちなみに、この『前屈』『屈伸』『伸脚』は、
すべてかかとをつけるように意識することが大事だそう。

 

アラフィフの皆さま、
これ全部ちゃんとできたら、カラダが若い証拠です(笑)

無理のない範囲内でお試しを。
(腰痛持ちの方は特に『伸脚』にはお気をつけて)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください