【グルメ】寿司赤酢(大阪・北新地)~アルデンテの赤シャリが評判、シンチの人気鮨店~

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

先週は関西出張ウィーク。
飛び石で東京~大阪を行ったり来たりしてました。

 
▲そこで今月の鮨活は大阪・北新地!
以前から行ってみたかった『寿司赤酢』であります。

 

よくよく調べてみたら、こちらの『赤酢(あかず)』
は東京や名古屋にもお店があるみたい。
ただ“赤酢の最高峰”と呼ばれる本店がこちらの北新地店。

最近は座ってても緊張する高級寿司店が多いけど、
こちらの店内はカジュアルな雰囲気でホッと安心(笑)

 


▲現在の『赤酢』の大将は攝田直之さん。
もともと京都でミシュラン鮨店を立ち上げた方で、
現在はこちらのお店で腕を振るっているそう。
岐阜の岐南町ご出身とのことだったので勝手に親近感(笑)
★ミシュラン鮨店https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26029012/

 

 
▲スタートはキンキと白子のしゃぶしゃぶから。

 
▲う~む。ポン酢も美味しい♪

 
▲前菜を二品いただいたあとは・・・


▲いきなり『赤酢』名物、マグロの食べ比べ!

 


▲握り、漬け、大トロといただき大満足!

 
▲ちなみに『赤酢』が一躍人気店になったのは、
あまり馴染みがない赤酢を使い、
芯が残るほど硬めに炊いた“アルデンテの赤シャリ”が
美味しいと評判になったから。

 

大将が「炊き方を間違えたわけではありませんから」
と解説してくださった通り、本当に硬い!
しかも、赤酢のパンチがかなり効いてる(笑)

最初はシャリの主張が強すぎてちょっとビックリしたけど、
食べ慣れてくるとかなり美味しくてハマってしまう感じ。

いや~、なるほど。
好みは分かれるかもしれないけど、
こりゃ評判になるわけだ!

 

 
▲マグロに続いてウニの食べ比べ。
『木村ウニ』と『希海(のぞみ)ウニ』。
同じ高級バフンウニでも食感や甘味が全然違うのね~。
ワタクシ個人的にはのぞみちゃんのほうが好き。

 
▲びっくりしたのはこのイクラ。
イクラをわざわざやわらかくつぶしているそうで
(→説明、ちょっと違ってたかも・笑???)
イクラのツブツブ感がなくなり
味がよりねっとりと濃厚に。これまた斬新で美味いっ!


▲「東京の寿司店では出ないと思いますが・・・」
と出してくださった茶碗蒸し。そういえば出ないな。

 

 
▲こちらは『赤酢』のスペシャリテ。
なんとアワビの肝ソースと赤酢が交わると、
まるでチーズのような濃厚な味わいに!!!
寿司店とは思えない手打ちのパスタもついてきます(笑)
これはクセになるなぁ~。
(おかわりしたかったけどこの時点ですでに満腹!)

 

 
▲そして、SNSで話題の『車海老バンジー』。
「早く食べないと本当に落っこちます」と大将(笑)


▲〆のプリンも濃厚で美味しかった!
このプリンは北新地だけのスペシャルスイーツだそう。

 

「斬新」「革新的」「掟破り」
ふむふむ。こういうキーワードで
人気になってる理由がよくわかりましたわ。

いわゆる“正統派の江戸前寿司”とは違うものの
居心地が良く楽しくて美味しいお店。

季節を変えてまたお邪魔したいと思います。

 

 寿司 赤酢
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27114022/
電話/050-5872-4944 ネット予約可
住所/大阪府大阪市北区堂島1-3-4 谷安ビル B1F
営業時間/18:00~ 20:30~ 二回転制
※2021年10月時点の情報です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください