【旅】一度やってみたかった!新幹線で北海道へ!

Pocket

明けましておめでとうございます!
2022年が皆様にとって輝かしい一年になりますように。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

==============================

さてさて、新年最初のエントリーは
大晦日の弾丸北海道旅行の振り返り。

30日・31日とポコッと予定が空いたので
急遽思い立って、以前から一度やってみたかった
「新幹線で北海道!」を実践してきたのであります。

 

 
▲とにかく想定外の弾丸旅行だったもので、
北海道新幹線の残席はラスト1席!
(残っててくれてラッキー♪)

 
▲ちょっとフンパツしてグランクラスで。
『東京』~『新函館北斗』までは4時間15分の長旅。
でも、このラグジュアリーなシートのおかげで
めちゃめちゃ快適に過ごせました(笑)
ちなみにドリンクも飲み放題♪


▲グランクラスを使う場合、待ち時間に
東京駅の『ビューゴールドラウンジ』が使えます。
※ただしチェックインは17:30まで。

 

こうして陸路で到着した年の瀬の函館!
(正確には函館のお隣の北斗市)

 

 
▲気温はマイナス7.1度!
一面の雪景色にちょっと感動!

 
▲2016年に開業したばかりの『新函館北斗』駅。
とってもきれいな駅なんだけど・・・

 
▲朝起きてみたら、まわりに何もないっ(笑)!
田んぼのど真ん中につくられた駅なんだって。

 

実は北斗市は子育て政策に力を注いでいて、
近年若者世代の人口が急増中。

2030年に新幹線が札幌まで延伸すれば、
札幌通勤圏になっちゃうので、
これからどんどん発展しそうね~。

 


▲市の公式キャラクターがちょっとキモいのはご愛敬(笑)
特産物・ほっき貝のお寿司の妖精、ずーしーほっきーです。

 

 
▲さてさて、翌大晦日の朝。
一両だけの小さな電車で目指したのは『函館』。
(新函館北斗からは25分ぐらい)

 
▲まずは腹ごしらえってことで『函館朝市』へ。

 
▲9時前の早い時間だったので、
人気店の『きくよ食堂』本店も並ばずに入れました♪
★きくよ食堂
https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1000258/

 
▲いくら・ウニ・ホタテ・えび・かに・サーモン・イカ
の中から選べる『5種お好み丼(2480円)』。美味いっ!
ただし、いくらとウニは夏の赤潮の影響で高騰中で、
例年より量が少なめとのこと。
(朝からビール、サイコーだぜ♪)

 

 
▲腹ごなしに歩いて『金森赤レンガ倉庫』へ。
この時間までは快晴の青空だったんだけど・・・


▲『五稜郭タワー』へ到着したら何やら怪しい雲行きに。


▲雪景色の五稜郭も美しい・・・
けど、やっぱり桜満開の春に再訪してみたいな。

 
▲函館名物『ラッキーピエロ』に寄り、
『六花亭』でお土産を買う頃には、
北海道の猛吹雪の洗礼を受けました(笑)


▲ダウンコートのフードって
こういうときのためについてるんだと痛感・・・

 

こうして滞在4時間弱の函館旅は終了。

 


▲再び『はやぶさ』に乗って『東京』へ。

 
▲20分間の青函トンネル走行も満喫!
(単なる真っ暗なトンネルだったけど・笑)
1枚目は北海道側、2枚目は青森側。
同じ雪景色でも“寒さ感”が違うのよね~。

 

とまぁ、こんな感じで束の間の休日を
ドタバタしながら楽しんできた次第であります。

 

==============================
本日の余談
==============================

 
▲年明け元日は氏神様へ初詣に出かけ、
夜は毎年恒例の『赤坂 帰燕』の正月膳。
★赤坂 帰燕https://menage.jp/d-blog033/2021/01/03/

 
▲2日はウォーキングをかねて箱根駅伝を遠目に眺めつつ、

 
▲昨年の冬至に大行列でお参りできなかったので、
早稲田にある金運の神様『穴八幡宮』へ新年の参拝に。
この山門の朱赤を見るとなんだか元気になる♪

 

さてと、今日から本腰入れて仕事始め。
今年も張り切っていきまっせ~!!!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください