【グルメ】華都飯店(シャトーハンテン 東京・六本木)~絶対毎年食べたい!新春限定のめちゃウマ白菜鍋~

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

 

毎年新春1月から3月半ばまでしか食べられない
『華都飯店』の白菜鍋(正式には酸菜火鍋)。

今年も食べることができましたっ!

 

 
▲場所は六本木と神谷町のちょうど中間ぐらい。
飯倉片町の交差点から神谷町方面へ進んだ
『アークヒルズ仙石山森タワー』の中にあります。
※初めて訪れる人は絶対迷うので要注意!

 

訪れたのはまだマンボウ発令前の1月初旬。
白菜鍋がスタートしたと同時にすかさず予約。

 


▲軽く前菜をいただいたあと・・・
(この前菜も美味しい!)

 
▲特注品だという銅鍋が登場!

 
▲バラ肉や牡蠣、海老などを煮込んでいただきます!

 

・・・と、ここまで見ると、
「別に普通のお鍋と変わらないじゃん?」と思うけど、

 


▲実は味の要になっているのが、
一子相伝・門外不出という秘伝の「自家製漬物」。
この酸っぱい白菜のお漬物を、
鍋にた~~~っぷり入れて食べるのだ!
(食物繊維たっぷりで翌日トイレが大変・笑)


▲味付けは醤油・ネギと腐乳(フニュウ)。
腐乳がまた、チーズみたいにねっとりして美味しい♪

 

この『酸菜火鍋』は台湾の家庭料理だそうだけど、
どこのお宅でも自宅で漬けた白菜を使うので、
それぞれに味が違ってるんだって。

 

1月・2月・3月・・・と、
白菜の漬かり具合が変わると、お鍋の味も変化。
それを楽しみに毎月通うファンも多いそうな。

 

2022年は3月18日金曜日まで。

ワタクシも期間中にもう一回出かけて、
味変チェックしてきます(笑)

 華都飯店(シャトーハンテン)
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13146565/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください