【コラム】プロトピック長期使用からの酒さ様皮膚炎、ニキビダニ駆除完了で快調です!~顔の脂漏性皮膚炎その⑲~

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

ニキビダニ治療から約3週間が経ち、
今のところかなり快調!

お肌の調子が良いと、気分まで良くなりますな(笑)

==============================

3年ほど前に突然顔に赤味とブツブツが広がり、
脂漏性皮膚炎と診断されて、
皮膚科を転々としながら
ステロイドと免疫抑制剤のプロトピックを継続使用。

いま振り返ってみると、
3年間でステロイドは10本ぐらい、
プロトピックは40本ぐらい塗り続けたと思う。

結果、ステロイド、プトロピックの長期使用で
『酒さ様皮膚炎』を発症。

酒さの原因のひとつに、
誰の肌にも存在しているニキビダニが異常繁殖して
アレルギー物質を放出するから、という説があって、
その研究の権威として知られている目黒の先生に
顕微鏡で診ていただいたところ、
通常の3倍程度に増殖したと思われるニキビダニを確認!
★詳しい経緯は過去記事から。

3週間前から「ニキビダニ駆除」を始めたのであります。

 


▲ニキビダニを殺傷する「ストロメクトール」は、
コロナ治療薬として注目を集めたイベルメクチン錠。
ニキビダニの生態サイクルに合わせて
1週間おきに4錠を3回服用するんだけど、
服用した直後はニキビダニが大量に死滅するので、
そこでアレルギー反応が増悪状態になってしまう。

上の写真が2回目のストロ服用後の写真。
プロトピックを塗り続けていた首の反応がやはり酷く、
全体的に赤黒くなってブツブツ・ザラザラ。
目の上はボンボンに腫れるし、
しかも顔も首もめっちゃ痒い!!!!!

仕事で会った人から「大丈夫?」と聞かれるぐらいで、
この時点ではマジで泣きそうだった・・・

 

ただ、どうやらワタクシの場合、
前回の診察時に外用薬として処方された
「イオウカンフルローション」で
肌荒れを併発していた様子。
※肌が弱い人は薬負けしちゃうらしい。

先生に相談してイオカンを止めたところ、
人から心配されるほどの赤黒さは無くなりました。

 

そして、3回目のストロ服用後。

 

 
▲まだ本来の肌色には戻らず
うっすらと赤味が残っているものの、
ブツブツはほとんど目立たなくなった!!!!!
マジで嬉しい!!!!!!!

 

「3回目に一番ひどい増悪反応が出るかも?」
と聞いていたのでちょっとドキドキしてたけど、
ワタクシの場合は3回目は少し目が腫れたぐらいで
ほとんど反応はなし。

「これでニキビダニが全滅したぜ!!!」
という達成感を得て、本当に清々しい気分になりました。
※正確には、ニキビダニはゼロになることはないので、
健康な肌の正常な数に戻った状態ね。

==============================

ちなみに、ニキビダニが異常繁殖するきっかけは
ステロイドやプロトピックの長期使用の他にも

●厚化粧
●オイルやバームなど油分の多いクレンジング
●辛い&油っこい食事
●甘いものの過剰摂取(特にチョコレート)
●睡眠不足
●マスクによる蒸れ
●ストレス など

これ、全部ワタクシ該当してますがな(笑)

 

とりあえず、引き続き上記に注意しながら、
正しい数のニキビダニたちと共存していきたいと思います。
※正常な人の肌の場合、
ニキビダニは約200万匹(名古屋市民とほぼ同じ数!)
が毛穴に生息しているそうであります。ひえ~!

来週顕微鏡の検査があるので、
また報告しますね(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください