【グルメ】小判寿司(福島・棚倉)~山間部の鮨店でこの美味しさ!仙台の名店出身の大将が握る珠玉の鮨~

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

先日の福島出張のとき、
「福島を訪れるからには一度行ってみたい鮨店」
に念願かなってお邪魔することができた。

それがこちら!


▲福島山間部、棚倉にある小判寿司。
鮨好きの方ならおそらくご存知の仙台・文化横丁のあの名店、
『小判寿司』で修業を積まれたご主人が
ご実家で開業されたお店であります。

★仙台 小判寿司https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4000197/

 

この『小判寿司』の何がすごいって、
海から遠く離れ、魚市場から近い訳でもないのに、
素晴らしいクオリティのお寿司を頂けることだ。

 


▲お店へ向かうのも一苦労(笑)
まずは東北新幹線の『新白河』で下車し・・・

 
▲JRバスに乗って移動する。
ちなみにバスは1時間に1本だけね(笑)


▲しかし、このバスの旅が楽しい!
もともと昭和初期まで鉄道が通っていた単線の上が
バスの専用道になっている。

 

なんでも、鉄道の線路のレールは戦時中に
「金属類回収令」によって国に没収され、
以来線路跡地をバスが走るようになったんだって。

だから、普通の一般道では考えられないぐらい、
田んぼのキワキワをバスが走り抜ける。

めっちゃスリリングなのだ(笑)

 


▲こうしてバスに揺られること50分。
最寄りの『磐城棚倉』駅に到着。

 
▲ここから10分ほど歩くと、
ウワサの『小判寿司』が見えてくる。


▲お寿司の美味しさはもちろん、
大将の温和なお人柄に惹かれて
リピーターがどんどん増えているそうな。
この日も沿岸部の「いわき市」から
はるばる1時間半かけてやってきたという常連さんが
「福島で一番美味い鮨はここだよ」と絶賛!

 

ちなみに仕入れはどうしているのか?と思ったら、
大将が毎日車で1時間かけて
郡山の市場まで仕入れにいっているほか、
馴染みの産地の漁師さんから
良いネタを送ってもらってるんだって。

なるほど。
漁師さんとの絶対的な信頼関係があるからこそ、
山の中でも美味しい鮨店を営むことができるんだな~。

 

 
▲閖上の赤貝とヒモ。美しい。
肉厚赤貝が美味しすぎる・・・

 

ここからは握り&つまみを一気にアップ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▲こちらはマニア垂涎という
郡山・仁井田本家の百年貴醸酒。
地元の珍しいお酒をいただけるのも嬉しい。
★仁井田本家百年貴醸酒

 

いや~。お店までたどり着く過程も含めて
楽しく美味しいお店でありました!

ちなみに、帰りはバスが無いので
店から新白河までタクシーで約30分(約8000円)。

しかし、その分をプラスしても
東京で食べる鮨よりもめちゃ安だったので、
東京からのお客さんが多いと言うのも納得!

また季節変えて行きたいな~。

 

 小判寿司
https://tabelog.com/fukushima/A0703/A070304/7000810/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください