【グルメ】エネコ東京(東京・西麻布)~創作スペイン料理が楽しめる劇場型ガストロノミーレストラン~

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

毎年恒例の年末進行がようやくピークを越えて、
やっとこさスケジュールが落ち着いてきました。

ブログ更新の余裕も生まれたので
今回は先月訪れた【エネコ東京】の振り返りであります。

 


▲場所は西麻布3丁目の閑静な住宅街。
ウェディングにも対応しているそうで、
西麻布には珍しいかなりの大バコレストラン。

 

実はこの辺り、20代の頃
TBSレポーター時代に住んでいたエリア。

当時の想い出が蘇ってちょっとキュンとした(笑)
※しみじみ・・・歳とったもんだわ。

 


▲ウェイティングバーで待っていると、
ウェルカムカクテル『バスク』が登場!
白い部分を指で触るとパチンとはじけるのだっ。
これは楽しい(笑)


▲続いて、広い店内を歩いて次のステージへ。

 
▲こちらはピクニックスペース。
木製のドームの中で、立ち飲みしながら
アミューズをいただきます。
白いおまんじゅうみたいに見えるのは
ホセリートのメレンゲ。可愛い♪

 

こんな風にどんどんステージが変わっていくので
“次はどこへ移動するんだろう?”とワクワク・ドキドキ感も。

なるほど、これが“劇場型”と呼ばれる理由か~。

 


▲ここからがメインダイニング。
来店した各組の客を時間差で案内してくれるので、
他のテーブルはまだ空いている状態。
これ、オペレーションめちゃ大変だろうな(笑)

 

いよいよお料理がスタート。

 


▲まずはローズネクター。
プチトマトのように見える中心部の赤い玉を食べると、
口の中でホロっと溶けだす感覚が。

 

 
▲上からサーモンキャビア、森のギネス、
サバビルバ風、和牛トリュフ。
メニューを見て一瞬“こんなに食べられるかな?”と
思ったけど、どのお料理も小さめのポーションで
“美味しいものを少しずつ・・・”という
大人の胃袋にやさしいコースになってるのが嬉しい。

 
▲別メニューでお願いしたのは、
【エネコ東京】のスペシャリテ『トリュフ卵』。
トリュフの香りのソースを卵黄の中へ注入。
口に入れると卵黄がはじけてソースとの一体感が楽しめる。

 

う~~~む。
これは確かに美味しい!!!!!

日本人としてはついでに白いご飯も欲しくなるわ(笑)

 


▲〆はデザートの宝石箱や~(笑)

 
▲食べきれなかったプチフールは
箱に入れて持ち帰り可能です。


▲誕生日ウィークだったので
こんなバースデープレートも♪
※お気遣いありがとうございました~っ!

 

いやはや、美味しくて楽しいお店でありました。

デートでしっぽり・・・というのも良いけど、
肩ひじ張らない雰囲気のお店なので、
グループでワイワイ訪れても良いかも。

トリュフ卵、また食べたいなぁ。。。

 

 ENEKO Tokyo
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13212953/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください