【グルメ】大石|こんなお店を待っていた!オトナの蕎麦飲みにぴったりな本格江戸蕎麦の店~名古屋市・久屋大通~

Pocket

どうも、YUMIO@東京です。

先日、久々に名古屋の我が家の近所を散策していたら、
徒歩3分足らずの場所に『手打ち蕎麦の店』が
オープンしているのを発見!

お店の外に出ていた看板のメニューを見てみたところ、
自慢の『蕎麦』だけでなく、
おつまみにできるサイドメニューも充実していて、
さらに夜は23:00まで営業とのこと。

“こんなお店、
待ってましたっ!”

思わずそう叫んで、
早速その日の夜、蕎麦飲みに出かけることに・・・


▲こちらが、手打ちそばの【大石】。もともとご主人は、
神保町にある【たかせ】で修業をされたそうで
名古屋の蕎麦店には珍しく
本格江戸蕎麦の”辛いつゆ”がいただけるのがうれしい。
ドボンとつけちゃダメ!チョンとつけて食べる・・・ってヤツね!

 
▲テーブル席数席とカウンター席数席。
店内のインテリアも和モダンな雰囲気でとてもお洒落。


▲蕎麦自慢の専門店の場合、
おつまみは『そばがき』と『板わさ』程度で、
夜9:00過ぎには閉店しちゃうイメージがあるけど、
こちらのお店はおでんにどて煮とサイドメニューも充実!
『蕎麦飲み好き』にはたまりまへんで~。


▲付け出しだけでお腹いっぱいになりそうなぐらい!
お酒が進みそうな美味しいおつまみを
最初に頂きます(2014年8月追記)。


▲そしてこちらは、ワタクシの定番メニュー『鴨せいろ』。
名古屋の蕎麦店では『鴨せいろ』を置いているお店が少なく
あったとしても、おつゆが甘くてまろやかだったりするので
お江戸の名店の味を思い出してガッカリすることもしばしば。
しかし!この『鴨せいろ』はめっちゃ好み!


▲ついでに『ワタクシ流』を披露してしまうと、
別で空の蕎麦猪口と刻みネギをもらって、
おつゆを蕎麦猪口に移し、
ネギをほんの少し浮かべていただくのが好き。
鴨肉&焼きネギが入った大きな器と、
おつゆと刻みネギだけの蕎麦猪口・・・
それぞれ蕎麦の風味が変わって、
鴨せいろが二倍美味しくなるのだ~っ!


▲ちなみに、蕎麦湯はドロリではなくトロリ系。
個人的にはドロリが好きだけど、これまた王道的で美味であります。

いや~、
ホントに嬉しい。

近所にこんな良い店ができて。

ただ、早くもこちらのお店は
泉在住の友人・知人たちの間で話題になっているので、
知り合いに会う確率がめっちゃ高く
“スッピンでは行きにくいなぁ・・・”というのが難点かしら。

無類の蕎麦飲み好きとしては、
これから頻繁に通ってしまいそうであります。

 大石
愛知県名古屋市東区泉1-22-26
成田久屋ビル1階
電話/052-951-1170
営業時間/11:30~14:30 17:30~23:00 ※日祝定休

blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください