【コラム】中日劇場 四月花形歌舞伎 出演中の市川右近さんを囲む会!~名古屋市東区泉/bar CAPONE~

Pocket

どうも、YUMIO@名古屋です。

先日のこと。

東区泉の老舗オーセンティックバー
『CAPONE~カポネ~』の西澤さんからお声がけをいただき、
『市川右近さんを囲む会』にお邪魔してきた。
※西澤さん、お誘いありがとうございました!


▲『メナージュケリー』春号の撮影で初来店して以来、
たびたびお邪魔している『bar CAPONE』。
故・十八代目中村勘三郎さんが足繁く通っていらっしゃったため、
そのご縁で数々の歌舞伎役者さんがお忍びで訪れるという
“芸どころ・名古屋の夜を支える交流の場”であります。

 
▲今回の会に参加されていたのは
CAPONEの常連さんでもある、右近さんファンの皆さん約30名。
お仕事の裏話が楽しいトークショーあり、
歌舞伎屋号ビンゴゲームあり、と終始賑やかな会に。
右近さん、フリートークも本当にお上手だし、
何より、実物は舞台やテレビで拝見する以上のイケメン!
すっかりファンの一員になっちゃったわ~。
※ちなみに、うちの母・ふのりは、
右近さんの”出待ち”をするぐらいのファンなので、
今回の会に「連れてって~!」と懇願されたんだけど、
ご本人を前に何を話しはじめるかわからないので断固拒絶(笑)


▲なんと、ビンゴ大会では、
歌舞伎ファン垂涎の『隈取』が当たってしまった!!!!!
母・ふのりに『隈取』の件を報告したら、
「きゃ~♪知り合いの額縁屋さんに相談してくる!」とノリノリ。
ちなみに、この『隈取』は半年から1年ぐらい
日の当たらない風通しの良い場所で乾燥させてから
額装するのが一般的なんだそう。
(というか、ファンの皆様を差し置いて頂いてしまったので、
恐縮しながら帰路につくことに。。。大切に額装して家宝にします)

 
▲最後に右近さんと記念撮影!
今回ご一緒したのは@エフエムの川本えこさん、
アロマスタイリストのkumikoちゃん。
右近さんとえこさんに後光が差してるっ(笑)
※右はえこさん帰宅後の撮り直しバージョン。
えこさん、くみちゃん、久々会えてうれしかったよ~!

================================================
さてさて、ここからが本題です。
================================================


▲現在、中日劇場開場50周年を記念して、
市川猿之助さん、片岡愛之助さん、そして市川右近さん、
豪華人気歌舞伎役者そろい踏みの
『四月花形歌舞伎』を4月26日日曜日まで上演中!
右近さんが演じる『操り三番叟(あやつりさんばんそう)』は、
舞台の上で(ほとんど)まばたきをしないという
右近さんの”操り人形の動き”が見どころ。
※歌舞伎の世界では、慶事を祝うおめでたい演目なんだって。

右近さんもおっしゃってたけど、今回の舞台には、
次世代を支える20代の若手役者さんたちが多数出演されているので
御贔屓役者さんを新たに”発掘”するのも楽しいかも!

★上演スケジュールはこちら★
http://www.chunichi-theatre.com/presents/2015/4/4gatsu1.html

御園座建て替え中で、
歌舞伎の舞台上演機会がぐっと減ってしまった名古屋・・・

今回は、『芸どころ・名古屋の芸能文化』を絶やさないために
本来は競合関係であったはずの
御園座と中日劇場がタッグを組んだ
記念すべき舞台だそうでございます。

たしかに、ワタクシもここ数年、名古屋では
ゆっくり歌舞伎を観にいく時間がなかったもんな~。

「四月花形歌舞伎、とっくに観たわ!」という
母・ふのりをもう一度誘って
近々中日劇場にお邪魔したいと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください