【コラム】あれから3ヶ月半、被災地・熊本を訪れて感じたこと

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

昨日熊本から戻りました。


▲今回初めての熊本訪問。
阿蘇くまもと空港に降り立ったとたん、
大地からグワンと熱波が迫ってくる感じがして、
都市とはまったく違う強烈な暑さを体感!!!!!

熊本地震から3ヵ月半。

熊本市街地は、ところどころに
ブルーシートに覆われた建物が見られたものの、
街の機能としてはほぼ平常通りに回復していた。

ちょうどワタクシが訪れた7月31日は、
各メディアが主要避難所閉鎖のニュースを伝えていたので
“もう避難所が要らないぐらい復興に向かってるんだな”
と一安心したんだけど・・・

実は、それは市街地周辺だけの話。

益城町や南阿蘇村など、
震源に近く特に被害が大きかったエリアでは、
かろうじて家が建っていても
躯体が傾いて倒壊の恐れがあるということで、
避難を余儀なくされている方たちが
まだまだたくさんいらっしゃるようだ。

================================================

被災地に立ってみて
何よりつらく感じられたのは、
同じ町内であっても、全壊・半壊した家と
見た目には無傷な家が混在する『被災格差』があって、
倒壊した住宅の瓦礫撤去が
まったく追いついていないこと。

自宅が無事だった方たちは
ライフラインも復旧しているので、
生活が元通りに戻りつつあるものの、
一歩家から外に出て街を歩けば、
倒壊した住宅がそのままの姿であちこちに残っている・・・

毎日この風景を眺めながら
自分たちの日常を取り戻していくには
どれほどのパワーが必要なんだろう?と考えたら
取材をしながら胸が苦しくなった。

ちなみに、
今回は住宅ライターとしての取材訪問だったため、
・どのような家が倒壊したのか?
・どのような家が無事だったのか?
などの被災状況の記録を残すために
カメラのシャッターを切らなくてはいけなかったんだけど、
お線香や花束が手向けられたお宅には
どうしてもレンズを向けることができず、
頭を下げて黙祷するのが精一杯だった。


▲熊本城もあちこちにブルーシートが。


▲城壁が崩れ落ち、櫓が浮いた状態になっている。

ボランティアガイドの方によると、
1回目の余震では大きな被害はなかったそうだが、
2回目の本震で崩れてしまったらしい。
熊本城に限らず、ホテルや一般住宅の多くが
2回目の大きな揺れによってダメージを受けたようで、
お話をうかがった方のほとんどが
“地震の揺れ返しの怖さ”を指摘していた。

「最近ボランティアの数が減ってきてるみたいだけど、
県外からのボランティアの人は
交通費や宿泊費をわざわざ払って来てくれるんだもんね。

でも、僕ら地元の人間は車で行けるんだから
これからは地元の人たち同士で助け合わないと!」

これはラジオから聴こえてきた男性パーソナリティの声。

益城町や南阿蘇村は、
もともとお年寄りが多いエリアなので
瓦礫を撤去するにも人手が足りないという。

★益城町災害ボランティアセンターでは
ボランティアの活動日や必要人数をFBで発信しています★
https://www.facebook.com/kumamoto.mashiki/

今回はスケジュールが限られていたため
本当に残念ながらボランティア活動には参加できず・・・

自分にできることなんてあまりにも微力だけど、
またいつか再訪して、少しでもお手伝いができるといいな、
と思いながら羽田への帰路についたのでありました。

================================================
本日の〆の一枚
================================================


▲熊本を飛び立った直後、窓の外に二重の虹が!
被災された皆様が
どうか一日も早く笑顔を取り戻せますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください