【旅】浦村牡蠣横丁の丸善水産で、焼き牡蠣食べ放題~週末は鳥羽へ行こう!極上の女子旅レポート~

Pocket

どうも、YUMIO@東京です。

さてさて、先週末の鳥羽旅レポート、

ランチタイムはパールロードの玄関口、

『浦村~うらむら~』の牡蠣横丁を訪れることに!

 

▲牡蠣の養殖業者がズラリと軒を連ねる牡蠣横丁。

いろんなお店で”牡蠣食べ放題”がおこなわれているが、

今回お邪魔したのは【丸善水産】。

波に揺れる海上筏の上が『ランチタイムの会場』だ。

 

三重の牡蠣と言えば、的矢ガキがお馴染みだが、

大粒な的矢の牡蠣に比べて、浦村の牡蠣は小粒。

しかし、小粒であるが故に旨味がぐっと凝縮されていて、

臭みがないのが特徴なんだとか。

 


▲こちらが海上筏の中の様子。

本当に海の上に浮かんでいるので、

時々大波が来ると若干船酔い状態になる(笑)

▲各テーブルに山盛りに置かれた牡蠣を、

好きなだけ焼いて食べることができる。

殻が大きいので、初めは”そんなに食べられるかな?”

なんて思ったが、身が小粒なのでどんどんイケる!

大人なら平均して30個ぐらい食べるのがフツーなんだって。

▲見よ!このぷりっぷりの牡蠣!マジでいくらでも食べられるぜ。

しかし・・・後述するが、この日、朝食をたらふく食べすぎて

お腹に空きが無く、10個ぐらいしか食べられなかったのが残念!

▲食べ放題に加えて、〆はカキフライのご飯セットつき!

お味噌汁の中にも、牡蠣が入ってます!

これで・・・お値段なんと2500円也!!!!!安っ!

 

ということで、

浦村の牡蠣食べ放題にチャレンジするときの

心得をいくつかご紹介しよう。

 

●心得その① 

空腹にして挑むべし

(そりゃそ~だ)

●心得その②

調味料・飲みものを持参すべし

お店に置かれているのはレモンと醤油ぐらい。

もともと潮の味がほどよく感じられるので

レモンだけでも十分なんだけど、

味のバリエーションを楽しみたい場合は、

ポン酢やマヨネーズ、ケチャップなどを持ち込むのがオススメ。

お酒・ドリンク類の持ち込みもOKです!

●心得その③

身を護る安全グッズを持参すべし

焼いている牡蠣が殻を開く瞬間、

ものすごい破裂音とともに熱汁が周辺に飛散する。

そのため、タオル、ウエットティッシュ、できれば

牡蠣を掴む軍手なども用意しておいたほうが安全。

※軍手はお店でも用意されているが、

新品を持参したほうがベター。

 

いや~、

大好きな牡蠣で満腹になるなんて・・・マジ幸せ。

ごちそうさまでした!!!

 浦村牡蠣横丁 丸善水産

三重県鳥羽市浦村町

電話/0599-32-5808

※予約受付は8:00~18:00

※牡蠣食べ放題は、11:00~12:30と

12:30~14:00の入れ替え制。各90分・2500円。

 

さて、このあといよいよ

相差の石神さんへ向かいます!

================================================

本日の〆の一枚

================================================

▲一応皆さま顔出しナシで。極上の女子旅はまだまだ続く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください