【グルメ】青塚食堂|超悶絶、激ウマ 生バフンウニ丼!~北海道小樽市祝津漁港~

Pocket

どうも、Yumio@名古屋です。

先週末のこと。

このクソ忙しいお盆前進行の真っ只中に
強引に『夏休み~前半~』をとって出かけてきたのがこちら!


▲北の大地!10年ぶりの北海道であります!
黄金色に輝くのは麦畑。夏の北海道ってキレイだなぁ~。

実は、先月末で母・ふのりが75歳の定年を迎え、
(といっても、まだ嘱託で働き続けているけど)
そのお祝いということで、
うちの若ダンナと企画した北海道旅行。

一番の目的は母・ふのりの慰労ではなく、
働くふのりを支え続けた父・マッツァンティーニ念願の
『本場の海鮮丼』を食べに行くこと。

(父は昔から、テレビで北海道特集を観るたびに、
「美味そうだなぁ~行ってみたいなぁ~」と話してた・笑)

ホントは、積丹半島を目指したかったものの、
他にもいろいろ行きたいところがあって、
今回は積丹より少し手前の『小樽』へ!


▲地元の漁師さんも通う、新鮮魚介が美味いと評判の民宿
『青塚食堂』にお邪魔してきました!

 
▲小樽の観光地からちょっと離れた『祝津漁港』の目の前。
このちょっと寂れた雰囲気もまたイイ感じね(笑)


▲注文すると店頭の焼き台で焼いてくれます。
美味しそ~!


▲鰊があまりにも美味しそうだったので、
まずは焼き鰊定食をオーダー。
(味噌汁の具は贅沢にもホタテ、自家製塩辛も超美味♪)


▲マッツァンティーニ念願の『海鮮丼』。
ホントは名物のウニ丼を勧めたんだけど、
「いろいろ食べたいから」ってことで『海鮮丼』に。
(ちなみにここにのってるのはムラサキウニ)

しかし、
せっかくここまで来たんだから、
『ウニ丼』を食べずには帰れまい。

こちらの『青塚食堂』のウニ丼はすべて時価で、
一番人気の『塩水ウニ丼』だと4000円ぐらい。
一方、味に絶対的な自信があるとお店の方がおっしゃる
『生バフンウニ丼』だと、お値段は

 

6800円也!

 

街の食堂でなら絶対に食べない金額だけど、
今回の旅の目的はコレなので、
清水ジャンプの覚悟で注文しましたさ!

そして、
出てきたのがコレ。


▲ひょええええええ!
なんということでしょうっ!
色鮮やかなバフンウニちゃんが山盛り!

んで、
この箱ウニを
ガサ~っとすくいあげて、


▲刻み海苔がのった白いご飯の上に
ドバっとぶっかける!
食べても、食べても、ウニ!
嗚呼、6800円分の幸せが胃袋の中に消えてゆく・・・

いや~。
ホント、臭みがまったくなくて、甘くて、
大変美味しゅうございました。

悲願成就。

 民宿 青塚食堂
住所/北海道小樽市祝津3-210
電話/0134-22-8034
営業時間/10:00~20:00
定休日/不定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください