【グルメ】鮨菜 和喜智 (すしさい わきち)|住宅街にひっそり佇む人気鮨店~札幌・円山公園~

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

さてさて、先日の札幌出張の際
“自分へのご褒美メシ”として飛行機搭乗前にお邪魔したのが
円山公園の住宅街にひっそりと佇むこちらの名店。


▲『鮨菜 和喜智 (すしさい わきち)』。
通常だと2ヶ月前予約が必至とされているんだけど
今回たまたまキャンセルがあったようで、
前日予約で席が取れました。ラッキー♪

 
▲うすはりのグラスで駆けつけ一杯目はビール。
二杯目以降は北海道の地酒で。
『上川大雪』や『二世古』『まる田』などなどを頂きました。


▲18:00。カウンター8席が一斉にお食事スタート。
大将の田村さんは江戸前鮨の名店で修行をされた方だそう。
大将が板場に立つと、店内がシンと引き締まる感じで
まさに”舞台の幕が上がる”という感じ。
※予約席は18:00と20:00の2回転。


▲まずは前菜。


▲腕良し、素材良しで、もちろんどれも美味しいんだけど、
ワタクシが個人的にいちばん印象的だったのは、
この”ねぎま”のお椀。美味~!


▲握りだけでなく、プチ丼があったりするのも嬉しい。
しかし何が美味いって、炙りにしんの握り・・・サイコーっす!
(痛恨のピンボケですが、上に大根おろしがのってます)


▲〆の太巻きまでいただいたところで、きっかり2時間。
21時半の飛行機に乗るにはもうギリなので
美味しさの余韻に浸る時間もなく(笑)
ここでお先に失礼させていただくことに・・・
※ご馳走様でした!

いや~。美味しかったなぁ。
「これを東京で食べたらいくらになるんだろう?」と、
驚くぐらいリーズナブルだったし。
(おそらく銀座・赤坂の半額ぐらいかね?)

ちなみに、これから雪のシーズンに入ると、
飛行機の欠航や遅延等でキャンセルが出やすくなるので、
“ひょっとしたら当日予約でも入れるかも?”
という機会が増えるんだって。

冬に札幌へお出かけ予定のある方は
ダメモトでお電話してみるのも良いかもしれませんぜ。
※電話予約は平日16:00以降受付。

にしんの握り、また食べたいな~。

 鮨菜 和喜智
住所/北海道札幌市中央区南二条西25-1-22
電話/011-640-3768 ※16:00以降
営業時間(2回転制)/18:00~20:00 20:00~22:00
          日曜のみランチ営業 12:00~14:00
定休日/月曜日・月一回不定休
※2019年9月時点の情報です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください