【コラム】マスクの蒸れと擦れで脂漏性皮膚炎が悪化?!~顔の脂漏性皮膚炎その⑬~

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

一昨年の5月に発症した『脂漏性皮膚炎』。
皮膚科治療と漢方治療が効いているのか、
最近はおかげさまでほとんど落ち着いてました。
日本酒飲んだ翌日だけはまだダメだけどね。

・・・と、思っていたら!

先日から口のまわりやあご、頬の下に
また赤いブツブツが!

 

早速かかりつけの皮膚科の先生に診てもらったところ、

「あ~。これはマスクが原因だね。
脂漏性皮膚炎を悪化させるマラセチア菌は
湿気が増えると活性化するから、
気温上昇とマスクの蒸れで出てきちゃったんだね。
これからなるべくマスクはしないように」

とのこと。

 

えええええええ!
マスクはしないようにって、先生、
今のご時世では「非国民」と呼ばれまっせ~!

 

しかし、言われてみれば確かに
不織布マスクをしたあとに必ずブツブツが出て
特に不織布の折り目が当たる頬の部分の赤味が酷い。
※ウレタンやガーゼでも擦れてブツブツが出るのよね。

先生によると、
「マスクをしないように
なるべく外出を控えるのが一番だけど
それが難しいときはコットンとか
なるべく通気性の良いものを使ってね」
とのことだった・・・

 


▲そこで探し出したのが
通気性の良い『スカーフマスク』。
これはポリエステルなんだけど
不織布マスクをつけるよりも蒸れがなく
擦れもないのでブツブツが出ないのだ!

ただ、通気性が良いってことは
感染防止にはあまり効果がないってことなので、
極力飛沫がとぶような会話をしないよう心がけてます。

 
しかし「マスクはしないように」ってのは困ったもんだ。

 

最近は「不織布マスク警察」なんて言葉も聞くけど
“どうしても不織布マスクをできない事情がある人もいる”
ってことをなんとなく知っていただけたら嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください