【コラム】50代の肌に似合う色・似合わない色

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

実は最近ちょっとショックを受けていることが・・・

それは「50代に入ってから
キレイな色の服が似合わなくなった」ということ。

 

仕事柄、これまで撮影していただく場合には
ビビッドな色の洋服を着ることが多かった。

なぜなら、イマドキの情報サイトは写真が命。

読者の方にふと目を留めてもらい、
記事を読んでいただくためには、
写真の“色”で「目を惹くこと」も大事なのだ。

だから特に好きな色でなくても
「目を惹く色の洋服」を選んできたんだけど・・・

50を過ぎてから、仕上がった写真を見ると、
なんだか自分が想像していたのとイメージが違う。

 

「そうか!服の色に負けて
顔がくすんで見えるんだ!」

 

先日食事をした同世代の友人も
「この前、セレクトショップで
春色のブラウスを勧められたんだけど、
鏡を見たら似合わなさ過ぎて愕然とした!」
と話していたので、
50代というのは誰もが迎える
“似合う色の転換期”なんだろう。
 

この事実に気づいたとき、
めちゃめちゃショックだったけど、
逆に、
これまで“おばちゃん色”だと思っていた
くすみカラーのほうが、
顔色がキレイに写ることがわかり、
ワードローブをゴソっと入れ替えることにしましたっ!

 


▲40代の頃は絶対に選ばなかった
“くすみカラーのブラウス”ばかり(笑)

==============================

ちなみに↓こちら↓は過去に撮って頂いた写真の変遷。
https://huzenterprise.co.jp/

昨年までは、ピンクとか、オレンジとか、
スカイブルーのセーターを着ることが多かったのに、
ビビッドカラーだけでなく、
「セーターが似合わなくなった」ことも痛感!

50代のセーターというのは、
決して「おしゃれ着セーター」にはならず、
「普段着で仕事に来ちゃったおばちゃん」
みたいに見えちゃうんだな、これが。

とほほ・・・

 

ただ不思議なんだけど、70代とか80代になると、
また「ビビッドが似合うお年頃」になるのよね。
(老化によりメラノサイトの機能が低下して、
髪や肌の色素がどんどん抜けてくからなのかな?)

 

体質も、食の好みも、似合う洋服も、
いろんな変化が訪れた51歳。

再びビビッドを着こなせる年齢になるまで、
くすみカラーとうまくお付き合いしたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください