【グルメ】照寿司(北九州・戸畑)~地元の高級天然魚介を堪能!強烈な三代目の“劇場型”寿司店~

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

先日の博多出張のとき、
一度行ってみたかったお店の予約が偶然取れたので、
博多から在来線で約1時間半、北九州・戸畑にある
『照寿司』を訪れることにした。

 

 
▲『博多』から新幹線を使えば、
『小倉』まで15分ぐらいで到着するけど、
あえてローカル線の雰囲気を体験したくて
JR鹿児島線でのんびりと移動。

 
▲到着したのは『照寿司』最寄りの『戸畑』駅。
立派な駅だけど、人の数が少ないなぁ・・・

 
▲戸畑からタクシーで10分ぐらいの住宅街に到着。
こちらがウワサの『照寿司』であります。

 

実はこの『照寿司』。
もともとは900円ぐらいでランチの仕出しをするような、
どこにでもある“普通のお寿司屋さん”だったそう。

 

しかし、三代目の渡邉貴義大将が、
「地元でしか食べられない天然魚介を使って、
地元でしか食べられない寿司を提供したい」
と一気に高級路線へ変更。

最初は大変ご苦労されたらしいけど、
じわじわとクチコミが広がり一躍人気店へ。

今やアラブの王子様から招待を受けるほどの
“日本を代表する寿司店のひとつ”になっちゃった。

 

 
▲その三代目大将がこちら(笑)
ビジュアルもキャラクターも強烈で、
一度カウンターに立ったら「渡邉劇場」とも言うべき
寿司エンターテインメントが繰り広げられるのだ!
※写真はニューヨークでポップアップを行ったときに、
NYタイムズで紹介されたという記念すべき記事。

 

 

 
▲ひとつひとつの素材を、
パフォーマンスをまじえながら紹介してくれる。
ついつい大将ばかりに目が向いてしまうけど、
提供されるお料理も本当に美味しい!

 

 
▲鮮やかな鳥貝とアスパラ・トマトの
サラダ仕立てもめちゃめちゃ美味しかったけど、
感激したのは名物のひとつ「白子天丼」。
「白子のふにゃっとして食感が苦手な人も多いので、
天ぷらにすることで、サクッとした食感を
楽しめるようにしました」とのこと。これは絶品!

 

 
▲4枚目は、からすみのスライスが彩を添える燻し鰆・・・
悶絶!これ、もう一回食べたい。

 
▲巨大なクエはお鍋で。美味い。

 
▲そして「今日はみなさんラッキーですよ!」と言って
お披露目されたのは、いつ獲れるかわからない天然うなぎ!


▲照寿司名物の「うなぎバーガー」は、
天然うなぎが手に入ったときだけ食べられる
幻のメニューなんだって。

 
▲ぷりっぷりの車海老。
好みは分かれるかもしれないけど、ワタクシ個人的には
このパンチの効いたシャリがめちゃめちゃ好み。

 

 
▲いやはや、終始楽しかったし、本当に美味しかった!
デザートも手づくりだそうです。

 

ちなみに、席は9席のみで、
今回カウンターでご一緒したお客さんは
みなさんほとんどが「東京から」とのこと。

定期的に東京・赤坂でも出張握りをされているそうなので、
次回は都会のど真ん中で「渡邉劇場」を楽しんでみたいな。
→しかし、これまた予約が取れなさそ~。

 

 照寿司
https://tabelog.com/fukuoka/A4004/A400402/40001637/
住所/福岡県北九州市戸畑区菅原3-1-7
営業時間/12:00~ 17:30~ 20:15~
定休日/不定休
★予約はOMAKASEから。
https://omakase.in/ja/r/ox647664
※2022年4月時点の情報です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください