【コラム】渋谷で転倒→肩脱臼→復活(笑)

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

前回投稿の続きになりますが、
先日肩を脱臼しましてね・・・

年齢を重ねると、本当に
想定外のいろんなことが起こるもんですわ(笑)

==============================

その日は、友人のご主人が主催するイベントがあり、
ウチの若ダンナと渋谷で食事をしてから
イベント会場へ向かう予定だった。

 

 
▲食事は渋谷スクランブルスクエアにある
スペイン料理店、『ホセ・ルイス』にて。
ゆったりとした座席で居心地が良いのだ。
★ホセ・ルイスhttps://menage.jp/d-blog033/2022/10/16/

 
▲名物のシャンピニオンサラダ。
フレッシュな生マッシュルームがマジで美味しい。


▲こちらはスペシャリテのフィデワ。
2種類のパスタが入った魚介のパエリヤであります。

 

食事が終わり、そろそろ会場へ移動しようと思って、
店を出る前にメイク直しへ。

店舗の外にあるお手洗いへ向かっていたところ、
そこで悲劇が起こったのであります。

==============================

9センチのピンヒールで歩いていたら、
床面にヌルっとした感触が。

モップで水拭きをした後なのか・・・
近隣の飲食店から油が飛んだのか・・・

とにかくその“ヌルっ”に左足を取られて
氷上を滑るかのように転倒し、
右肩を床面に強打したのであります!!!

 

夜の渋谷の飲食街。

まわりにはたくさんの人がいたけど、
誰かにぶつかったり、
巻き添え転倒することがなかったのは不幸中の幸い。

ただ、起き上がろうとしても
腕に力が入らず動けない・・・

 

なんだ、この違和感は・・・・・・脱臼だ!

 

とっさに翌日以降の仕事のスケジュールが思い浮かび、
(床に倒れたまま)どうしようかと呆然としていたところ、

10代と思しき鼻ピアスを付けた若者カップルが見かねて
「大丈夫ですか?」と、カラダを起こしてくれた。

 

う・・・イタタタタタ!

 

このときの鼻ピの彼の“腕の引っ張り方”が
奇跡的にちょうど良かったみたい。

脱臼していた肩がカクンともとに戻り
やっとカラダが動くようになったのだ。

 

「ありがとうございました。
一瞬肩が外れたんですけど、おかげで元に戻りました」

 

丁重にお礼を伝えると、鼻ピの彼女が
「気を付けて下さいね」と
散らばったカバンの中身を拾って渡してくれた。

・・・若者のやさしさが沁みる・涙。

 

あの時のお二人、
どこのどなたか存じ上げませんが、
本当にありがとうございました。

==============================

しかし、どうやら倒れ込んだ時に
軽い脳震盪を起こしていたようで、
そのあとどうやって店まで戻ったのかは
断片的にしか記憶がない。

若ダンナからは
「骨、折れてるかもよ?救急病院行こうよ」
と言われたものの、友人と約束したイベントなので
まずは会場へ顔を出すことに。

 

 
▲青山のクラブカフェ「AOYAMA zero」。


▲インテリアデザイナーの土橋陽子さん(左)のご主人は
レベッカの土橋安騎夫さん(背後のブース内)。
この日は土橋さんがDJを担当される日だったのだ!
この写真で見る限り、脱臼後とは思えない盛り上がり。
ただ、この時も右肩がジンジン痛かった(笑)

★土橋安騎夫さんhttps://azur-e.com/?page_id=18
★土橋陽子さんhttps://shop.lemnos.jp/item/yd1408m

 

陽子さんと束の間のトークを楽しみ、
土橋さんにご挨拶をして会場を後にすることに。

 

翌日、脳神経内科と整形外科で診察を受けたところ、
脳震盪のほうは問題なし。

肩は骨が外れて元に戻る「亜脱臼」と診断され、
「今後外れやすくなるので1ヶ月は安静に」
とアドバイスを受けたのでありました。

==============================

改めて転倒した時のことを振り返ってみると
左足が滑ったあと、一度受け身の姿勢をとったはずなのに、
カラダを支えきれなくてそのまま倒れてしまった。

きっと筋力が落ちてるから体勢を元に戻せなかったんだな~。

それと、これまで何の不安もなくハイヒールを履いていたのに
年齢を重ねると、大好きなハイヒールがケガの元になる。

 

「貯筋ってホントに大事だな~」と、しみじみ
老いを痛感した54歳目前の初秋でありました。
※今も背中掻くとき右肩が痛いです・・・とほほ。

 

【コラム】渋谷で転倒→肩脱臼→復活(笑)」への2件のフィードバック

  1. お久しぶりです。ずっと、ブログは拝見していたのですが、私の人生もいろいろありまして、コメント残せずにいました。(なんて、妙に親近感を醸し出していますが、別に知り合いでもありません。以前にコメント残した者です。)
    福岡さんよりたぶん1つお姉さんですが、最近私も亜脱臼しました。階段で転びそうになって、手すりにつかまったのはいいが、手すりにつかまった一つの腕に全体重がかかり、亜脱臼しました。しばらくの間はずっと肩が痛くて何もできませんでした。
    なんだかブログに共感してしまい、コメント残しました。
    お互い色々あるお年頃ですが、ご自愛くださいませ。

    1. ■e75さま
      久々のコメント(笑)ありがとうございます!
      最近なかなか頻繁に更新できておりませんが、
      長らくお付き合いいただき本当に嬉しいです。

      年齢を重ねると、階段も怖くなりますよね!!!!!!
      いつの頃からか、階段の真ん中を避けるようになり、
      いつ転んでも支えられるように
      手すりのそばを歩くようになりました。 

      しかし、手すりで支えた時の亜脱臼というのもあるんですね~!
      (他の方を巻き込んでの転倒など、大きな事故にならず本当に良かったですね!!)

      私も亜脱臼から一カ月が経ちましたが、
      まだ背中に手をまわすと肩が痛く、
      特にブラのつけはずしの時にイタタタタ・・・となります(笑)

      若い時には気付かなかったものの、
      世の中いろんなところに危険が潜んでますな(苦笑)

      e75さんもどうぞ引き続きお大事になさってくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください