【グルメ】まるます家|ここはオジサマの聖地!朝から飲めるうなぎ屋さん~東京都北区赤羽~

Pocket

どうも、YUMIO@名古屋これから東京です。

先日のこと、

東京都北区赤羽で取材中に

スゴイ店をみつけたのでご紹介を。

 

▲JR『赤羽』駅の北改札を出て一番街へ。この一帯は

“いかにも赤羽らしい”と言われるディープなエリア。

写真はなるべく人が通っていない時に撮影したんだけど

商店街にものすごい活気があって賑やかな街並みが続く。

▲そんな中でもひときわ目を惹いたのがこちらのお店。

鯉とうなぎの【まるます家】。この佇まい、この香り・・・

“むむむ・・・絶対に美味いに違いない”と、

オヤジセンサーが働いたのでお店へ入ってみることに。

▲現在時刻午前11:00。朝から店内はこの賑わい!

実は、この【まるます家】は、地元・赤羽の超人気店で

“朝9:00から飲める店”として

オジサマ方が居酒屋代わりに使っているそう。

オジサマばかりかと思いきや、家族連れもいっぱい。

お料理が美味しいのでファミレス的にも利用されているらしい。

▲・・・なもんだから、酔っ払いはお断り(笑)

まるます家の『約束』として、お酒類は1人3本まで!

“健全に、朝から楽しく飲もう”という

徹底した店の姿勢に好感が持てるっす。

▲美味しそうな居酒屋メニューもたくさんあったけど、

ワタクシはまるます家名物の『うな重』をいただくことに。

うなぎ高騰の影響を受けて、

取材経費節減のため一番小さいヤツ(1500円)で。

 

お店の方の許可を得て

料理の写真をパシャパシャ撮っていたら、

常連さんらしき隣の席のオジサマ方に声をかけられた。

 

「ここの店、良いでしょう。

ここでは常連同士、お互いのことを”社長!”って呼び合うんだよ。

顔見知りになっても、相手の名前を聞くなんて

野暮なことはしないの」と解説してくださった。

 

なるほど。

それがディープな江戸っ子独特の『粋』なのか。

 

なんでも、その”社長さんたち”によると、

「まるます家が一番盛り上がるのはお昼前。

一応夜は9:30までやってるけど、

夕方すぎると『もう店じまい』って感じが漂うから

やっぱりここで飲むなら朝なんだよ」とのこと。

 

いや~。

この雰囲気嫌いじゃない。

 

(最近めっきりなくなったけど)

オールをした後の朝とかに立ち寄ったら

めちゃめちゃ盛り上がりそう。

 

次回は『朝から居酒屋メニュー』を試してみたいと思います。

 

 まるます家

東京都北区赤羽1-17-7

営業時間/9:00~21:30 ※月曜日定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください