【街歩き】お洒落スポットが続々登場、大阪『池田』の北口が面白い!

Pocket

どうも、Yumio@東京です。


▲先日取材に訪れたのが大阪池田市。

池田というと『カップヌードルミュージアム
がお馴染みで、駅の南口のイメージが強かったんだけど、
今回初めて北口を散策したら
面白いスポットがいっぱいでビックリした!


▲こちらは池田の地酒『呉春』。

もともと池田は「池田酒」と呼ばれて
江戸時代に一世を風靡した酒どころだったそう。
でも、灘の酒に押されていつしか衰退。
最盛期には40軒近くあったという酒蔵も
今は2軒を残すのみで、その1つがこの『呉春』とのこと。


▲『呉春』から少し歩くと
昭和初期の長屋を改築したお洒落スポットが。

こちらはギャラリーやカフェ、塾などが入った『菁菁苑』。
地主さんが「消えゆく昭和の長屋を残したい」ということで
この一帯の長屋を保存し利活用しているんだって。

 
▲残念ながら時間が足りなくて
お店の中まで入れなかったけど、
今度はステーキハウスのランチに寄ってみたいな♪

 
▲そしてこちらは阪急電鉄創業者の小林一三記念館
日本庭園や茶室のある小林家の美しい邸宅が
記念館として公開されているのだ。

館内にはレストラン『雅俗山荘』が。
あいにく定休日だったのがこれまた残念!

他にも『逸翁美術館』や『落語みゅーじあむ』など、
ひとつ角を曲がるといろんな発見があって、
とにかく“街歩きが楽しい街”だった!

『大阪梅田』から急行で18分、
緊急事態宣言が明けたら、
またゆっくり訪れたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください