【街歩き】お洒落&レトロが同居する人気の『清澄白河』エリアを散策!

Pocket

どうも、Yumio@東京です。

本日取材に訪れたのは江東区の『清澄白河』。

2015年にブルーボトルコーヒー
日本1号店がオープンして以降、
“お洒落なカフェタウン”というイメージが定着し、
今や下町屈指の人気エリアになっちゃった街だ。

 

 
▲大手チェーン店とは異なる
こだわりの個人店が続々と登場しているのも人気の理由。
こちらはオリジナルの器などを販売している
ライフスタイルショップの『ポトペリー』。
一瞬お仕事忘れて買い物しちゃった♪


▲まるで赤ちゃんのほっぺみたいに
しっとりもっちもちの北海道食パンが人気の
行列ができるブーランジェリー『パンタレイ』。


▲かと思えば、こんなおでん種専門店の『三好』などなど、
長年この街で愛されている老舗店もあったりして、
お洒落とレトロのバランスがちょうど良い感じ!

 


▲一方こちらは『東京都現代美術館』。

 
▲地元の人たちはふらっと美術館を訪れて
ミュージアムショップや
館内のレストランを日常遣いにしてるみたい。
「行きつけが近所の美術館」なんて洒落てるなぁ。

==============================

実はこの美術館前で撮影をしていたときに、
小さなお子さんとお散歩中の女性の方から
「福岡さんですか?」と声をかけていただいた。

な、なんと!
当ブログを読んで下さっているとのこと。

まさかここ清澄白河で声をかけていただけるとは・・・
なんだかジーンとしてしまった♪♪♪
(お声がけいただきありがとうございましたっ!
お姉さまにもよろしくお伝えくださいませ・笑)

 

そんな偶然の出会いもあり、楽しい街歩きになりました。
ディレクターのHさん、カメラマンのMさん、
お疲れ様でした~!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください